レポート提供:アセットマネジメントOne(2019年5月31日)

  • 4月の米中古住宅販売成約指数は市場予想に反し低下するなど、足もとで住宅市場の回復はやや一服気味か。米住宅建設株のパフォーマンスは4月まで良好も、5月以降は低下。
  • US-REITは5月16日に過去最高値を更新した後も、相対的に堅調に推移。低水準の米金利といった市場環境がプラスに働いているとみられ、US-REITは当面、堅調な展開が見込まれる。

米住宅市場の回復は継続も足もとやや一服気味か

30日に全米不動産業者協会(NAR)が発表した4月の中古住宅販売成約指数は前月比-1.5%と、市場予想の同+0.5%(ブルームバーグ集計)に反し低下しました。同指数は、売買契約は成立しているものの、引き渡しが完了していない物件を指数化したもので、中古住宅販売に1~2カ月先行するとされています。

前月に同+3.9%と大幅な伸びを記録した反動とみられることに加え、中古住宅の在庫が足もとで低水準にあることなどが要因と考えられます。

同指数は前年同月比では1年ぶりにプラスに転じたことなどから、今年に入ってからの住宅市場の回復はおおむね継続していると思われますが、足もとの動きはやや一服気味といえます。

【図表1】米中古住宅販売成約指数の推移
【図表1】米中古住宅販売成約指数の推移

※期間:2014年4月~2019年4月(月次)
出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

米国株と比較してUS-REITは堅調に推移

フィラデルフィア住宅建設株指数の年初来の動きをみると、住宅ローン金利低下などに伴って住宅市場に改善の兆しがみられるなか、4月までは良好なパフォーマンスがみられました。ただし、5月に入ると、住宅市場の動きがやや一服気味であることに加え、軟調な推移となっている株式市場全体の動きに歩調を合わせるかたちで、パフォーマンスが低下しています。

これに対し、US-REIT(FTSE NAREITオール・エクイティ・REIT・インデックス、配当込み)は5月16日に過去最高値を更新した後も株式市場の動きに引きずられることなく、相対的に堅調に推移しています。

米中貿易摩擦の拡大が世界的に景気減速を招くのではないかとの懸念が強まるなか、30日に米10年国債利回りは2.21%台と、およそ1年8カ月ぶりの低水準をつけるなど、US-REITにとって市場環境がプラスに働いているとみられます。

こうしたことから、当面、低水準の米金利などを背景にUS-REITは堅調な展開が見込まれます。

【図表2】米株価指数とUS-REITの推移
【図表2】米株価指数とUS-REITの推移

※期間:2018年12月31日~2019年5月30日(日次)
 2018年12月31日=100として指数化
出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

◆アセットマネジメントOneのマーケット情報一覧はこちら

【ご注意事項】
当記事は、情報提供を目的とするものであり、投資家に対する投資勧誘を目的とするものではありません。
当記事は、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について、同社が保証するものではありません。また掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。
当記事における内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。

【指数の著作権等】
S&P500種指数は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCまたはその関連会社の商品であり、これを利用するライセンスが委託会社に付与されています。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLC、ダウ・ジョーンズ・トレードマーク・ホールディングズLLCまたはその関連会社は、いかなる指数の資産クラスまたは市場セクターを正確に代表する能力に関して、明示または黙示を問わずいかなる表明または保証もしません。また、S&P500種指数のいかなる過誤、遺漏、または中断に対しても一切責任を負いません。

“FTSE”及び “FTSE®”は、London Stock Exchange Groupの商標であり、ライセンスに基いてFTSEが使用しています。FTSE NAREITオール・エクイティ・REIT・インデックス(配当込み)(FTSE NAREIT All Equity REITs Index、以下「本指数」)は、FTSEの商標であり、本指数の算出、指数値の公表、利用など、本指数に関するあらゆる権利はFTSE 又はその関連パートナー会社に与えられています。FTSEは、本指数値及びそこに含まれるデータの正確性、完全性について、明示的、黙示的を問わず保証するものではありません。また、算出又は公表の誤謬、遅延または中断に対し、一切責任を負いません。