レポート提供:イーストスプリング・インベストメンツ(2019年7月18日)

干ばつが心配されたものの、雨量は少し持ち直す動き

インドでは1年の降雨量の大半がモンスーン期(6~9月)に集中して降るため、この時期の降雨量が農業だけではなく生活用水の観点からも非常に重要です。インドの総人口の半数以上が農村部で生活しているため、農作物の収穫量や食品価格を左右するモンスーン期の降雨量が、インド経済に大きく影響します。

2019年のモンスーン期は平年より一週間遅い6月8日に始まりました。インド気象局の予想では、今年は平年並みの雨量が見込まれています。しかし、モンスーン期開始直後は雨が少なく、6月の降水量は平年を33%下回りました。

こうした降雨状況から干ばつが心配されていましたが、7月に入って雨量は持ち直す動きとなっています。7月15日時点では、モンスーン期の累積降雨量は平年を13%下回る水準まで持ち直しました。例年では、7月中旬にかけて雨量は増加する傾向にあることから、今後の降雨量が注視されています。

【図表】2019年モンスーン期の日次雨量(6月1日~7月14日)

出所:インド気象局

【現地レポート】7月月初に降った大雨で、ムンバイ市内は至る所が水浸しに

ムンバイの7月2日午前中までの24時間の雨量は、1975年以降で2番目を記録しました。ムンバイ市内は至る所が冠水し、出勤にも一苦労です。
(写真:いずれもムンバイにてイーストスプリング・インベストメンツ社員撮影)

オフィス街の道路は水没
オフィス街の道路は水没。

道路が川のような状態に
道路が川のような状態に。

住宅街も冠水
住宅街も冠水。この日は水が濁っておらずまだ道路の状態が見えますが、濁っているとマンホールの蓋が開いていても分からないため危険です。

◆イーストスプリング・インベストメンツのレポート一覧はこちら

※当記事は、イーストスプリング・インベストメンツ株式会社が、情報提供を目的として作成した記事であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※また、特定の金融商品の勧誘・販売等を目的とした販売用資料ではありません。
※当記事は、信頼できると判断された情報等をもとに作成していますが、必ずしもその正確性、完全性を保証するものではありません。
※当記事の内容は作成日時点のものであり、当社の見解および予想に基づく将来の見通しが含まれることがありますが、将来予告なく変更されることがあります。
※また、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
※当記事で使用しているグラフ、パフォーマンス等は参考データをご提供する目的で作成したものです。数値等の内容は過去の実績や将来の予測を示したたものであり、将来の運用成果を保証するものではありません。
※当記事にインデックス・統計記事等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

メルマガ新規登録キャンペーン