投資の「一歩手前」で役立つ

はじめまして、金融ライターのTNBです。
投資初心者向けに、「資産運用のポイント」の紹介や「NISA」「iDeCo」などの非課税制度を解説する記事などを書いています。
普段から金融、経済の話題に触れることが多く、情報の収集や内容の確認のため、企業のシンクタンクや国・省庁のホームページなどを見ることが多いです。

今回は、私が仕事を通じて見てきたウェブサイトのなかから、

「このサイトは、お金・経済について勉強したい人や投資初心者に向いているんじゃないか?」

と思ったサイトを、独断と偏見で5つ紹介します!

テーマは、「投資の『一歩手前』で役立つ」です。
それでは、早速見ていきましょう。

① 東証マネ部!

東証マネ部!

投資の話だけでなく、身近なお金のコラムも紹介されているのがポイント。特に、リンク先の「インフォグラフィック」のページは、「福利厚生」や「健康保険」など、身近だけどあまりよくわかっていないお金の疑問をビジュアルで表現しています。
「東証マネ部!」のウェブサイトはこちら

② NISA特設ウェブサイト

NISA特設ウェブサイト

最近よく見かける、「NISA」や「つみたてNISA」。どちらも投資で得た利益に係る税金が非課税になる制度ですが、ちょっと内容が難しい。でも、このサイトではイラストや図を多く使って説明されているので、ぜひ見てみてください。個人的なおススメコンテンツは「つみたてNISA早わかりガイドブック」です。
「NISA特設ウェブサイト」はこちら

③ イデコ公式サイト

イデコ公式サイト

就職や転職をきっかけに、会社から紹介される確定拠出年金。また、金融機関を招いた会社の研修会などでは、「iDeCo」の説明を受けることも。「説明は聞いたけど、正直、よくわからなかった」と思っている人も多いことでしょう。そんな時に見て欲しいのが、このサイトです。コンテンツの1つの「マンガ・アニメでわかるiDeCo」では、iDeCoだけでなく日本の年金制度も解説されています。
「イデコ公式サイト」はこちら

④ 「投資信託」と「J-REIT」を3分の動画でシンプルに解説します!

「投資信託」と「J-REIT」を3分の動画でシンプルに解説します!

株式と同様、「投資信託」と「J-REIT」も個人が投資できる対象です。新聞で言葉だけは見たことがあるかもしれません。共通の特徴は、「複数の投資家からお金を集めて、投資対象に投資して、得られた利益を投資家で分配する」こと。何のことだかわかりませんね(笑)
このサイトでは、手書きのイラストを素手で動かすという、斬新な動画で2つの投資対象が説明されていて、かなりわかりやすいです。
投資信託協会のウェブサイトはこちら

⑤ ニッセイ基礎研究所

「投資や制度よりも、もっと経済や社会のことをいろいろ知りたい」と思っている人には、企業の研究所やシンクタンクのサイトも活用してみてほしいです。ニッセイ基礎研究所の「暮らし」や「医療・介護・健康・ヘルスケア」カテゴリーのレポートには、日ごろの生活やお金、自分の将来を考えるうえで関わりが深い話題が比較的多いと思います。
ニッセイ基礎研究所のウェブサイトはこちら


[PR] 高級食パンがもらえる! 無料マネーセミナー参加者募集中♪