月額料金を支払えば、高級車も乗り放題?

人々の消費スタイルが、いわゆる「モノ消費」から「コト消費」へと変化するなか、商品販売型のビジネスに陰りが見え始めています。一方、年々存在感を高めているのが、サービスの利用期間に応じて料金を支払うサブスクリプション型のビジネスです。

当初、パッケージ売りが中心だったソフトウェア販売の業界で採用されるようになった定額制サービスは、次第に音楽や動画の分野に広がり、現在は非デジタルの分野でも導入されています。

例えば、スーツやバックなどをはじめ、コスメ用品、雑貨、コインランドリーなど、様々な定額制サービスが存在します。いまや、定額制(サブスクリプション)サービスは、ビジネス界の新潮流になりつつあるのです。

2019年2月には、世界を代表する自動車メーカー「トヨタ自動車」も、定額制サービスを開始すると発表しました。それが、自動車の定額制サービス「KINTO(キント)」です。

キントは、月額料金を支払えば、好きな車を一定期間利用できるサービスです。車のラインアップには、「プリウス」「クラウン」をはじめ、「ヴェルファイア」「アルフォード」などのファミリーカーがあります。

料金プランは2種類。好きな車を1台決め、それを3年間利用できる「KINTO ONE」、レクサス6種類のなかから6カ月ごとに好きな車を選んで3年間高級車生活を楽しむことができる「KINTO SELECT」があります。


自分で買うのが難しい高級車を好きなときに運転できるのが定額制サービスのメリット

それぞれの月額料金は、「KINTO ONE」が車のタイプによって49,788円(税込)~85,320円(税込)、「KINTO SELECT」は194,400円(税込)となっています。

月額料金には、自動車取得税や自動車税、重量税、登録手続き費用などの税金をはじめ、自賠責保険・任意保険などの保険料、法定点検や定期点検、故障修理、代車、ロードサービスなどのメンテナンス費用などが含まれています。

月に7日以上、5年以内の利用なら、定額制サービスが割安か?

さて、気になるのは自動車の定額制サービスのキントを利用する場合と、自動車を購入する場合、どっちがお得かということです。「KINTO ONE」のプランでプリウスを利用する場合と、プリウスを購入する場合の料金を比較してみます。

「KINTO ONE」でプリウスを利用する場合

3年間の費用:(月額49,788円(税込)×12カ月)×3 = 179万2368円
6年間の費用:(月額49,788円(税込)×12カ月)×6 = 358万4736円

プリウスの購入費用と経費(購入後3年を想定)

本体価格(車両価格、カーナビなどのオプション料など)+諸経費(自動車税、自動車取得税、自賠責保険料、任意保険など)+車検費用(初回、購入して3年後)= 約300万円

最初の3年間では、定額制サービス「KINTO ONE」を利用する方が安く抑えられるようです。6年目以降になると、自動車を購入する方が若干割安と言えそうです。

そのほか、レンタカーとの比較ではどうでしょうか。レンタカーの利用料金は、おおよそ1日7000~10000円。1カ月のうち2~3回しか自動車を利用しない人の場合は、レンタカーの方が割安な一方、月に7~10日以上利用する人にとっては、「KINTO ONE」の方が割安なサービスと言えるかもしれません。

これまでは、所有するためのハードルが高かった自動車ですが、定額制サービスにすることで、自動車は我々の生活にぐっと近い存在になったような気がしています。


[PR] 高級食パンがもらえる! 無料マネーセミナー参加者募集中♪