南明奈さんのトイプードルのかわいい芸に癒される

元ボクシング世界王者の具志堅用高さんと、タレントの南明奈さんが登壇した、ペット保険大手・アニコム損害保険のイベントに参加しました。


具志堅用高さんとグスマンくん、南明奈さんとちーちゃん

FXcoin

3月20日に都内で行われたこのイベントでは、頭に「アレ」のかぶり物をした具志堅さんが、愛犬のボクサー犬「グスマンくん」とともに登場。元ボクサーらしく、お手ならぬ「ジャブ」の芸を披露して、会場の記者を沸かせていました。
南明奈さんの愛犬「ちーちゃん」はトイプードル。こちらは「お手のあと、床に寝転がる」という愛らしい芸を見せてくれました。

イベントの詳しい模様は、アニコム損保が運営するホームページ「anicom you」で公開しています。

「どうぶつうんち研究所」の1日所長に南明奈さん、研究員に具志堅用高さんが就任!

うんちで腸の健康状態を測定する「どうぶつうんち研究所」

今回のイベントのテーマは「どうぶつうんち研究所」の紹介。南明奈さんとちーちゃんは同研究所の1日所長、具志堅用高さんとグスマンくんは研究員に就任し、所長の河本光祐さんとともに、ペットのうんちと健康について語り合いました。

tsumiki証券

どうぶつうんち研究所は、アニコム先進医療研究所が運営する、「腸内フローラ」を専門とする研究所です。腸内フローラとは、腸内に住んでいる多種多様な細菌のこと。同研究所では、ペットのうんちから腸内にどんな細菌がどれだけ生息しているかを計測して、病気の予防に役立てるための研究をしています。


腸内フローラについて説明する、どうぶつうんち研究所所長の河本光祐さん

河本さんは「うんちを使った腸内フローラ測定は、レントゲン検査や血液検査のように動物にストレスを与えることなく、健康状態を測定できるのが特徴です。私たちはペット保険のグループ会社なので、たくさんの動物たちの健康や病気に関するデータを持っています。そのデータと、うんちで測定した腸内細菌の状況を合わせて分析することで、病気にかかる兆候を早期発見できます」と説明してくれました。

具志堅さんの愛犬グスマンくんも事前に腸内フローラの測定を行い、その結果がイベントで発表されました。グスマンくんの腸内健康年齢は「10歳7カ月」。実年齢は9歳7カ月なので1歳上という判定となり、これには具志堅さんも少しがっかり。
一方、南さんの愛犬ちーちゃんの腸内健康年齢は、実年齢より2歳若いという結果。普段からちーちゃんの食べ物には気をつかっているそうで、南さんもひと安心といった様子でした。

大切な家族を守るための「備え」

筆者の実家にもトイプードルがいますが、これまで何度も病院のお世話になったようで、医療費の合計はかなりの額になったようです。ペット保険には加入しておらず、病気がちになったころにはすでに高齢のため、保険に加入できませんでした。


腸内フローラ測定キット。写真のようにうんちを採取してアニコム損保に送るだけ

愛犬や愛猫が若くて元気なうちは、掛け捨てのペット保険なんてもったいないと考えてしまいがちですが、私たち人間と同じで、いつ何が起きるかはわかりません。保険で万一の事態に備えることも検討すべきでしょう。それと並行して、会社員が毎年健康診断を行うのと同じように、ペットの健康状態も定期的にチェックできるとさらに安心です。

具志堅さんと南さんが実施した腸内フローラ測定は、アニコム損保のペット保険『どうぶつ健保ふぁみりぃ』の新サービスとして、加入者は年1回無料で受けられます。

大切な家族と長く過ごすために、すでにペット保険に加入している方も、保険の補償内容や付帯サービスを見直してみるといいかもしれませんね。