アラブ首長国連邦はイスラム教の国ということもあり、限られた場所でしかアルコール類が飲めません。スーパーやショッピングモール内のレストランではお酒を販売しておらず、基本的にリカーライセンスを持ったホテルのレストランやバーでのみ提供されます。そのせいあってか、ビール1杯1,500円、ワイン1杯3,000円と世界水準で見てもかなりアルコールの価格が高い国といえます。そんなドバイでも、女性なら誰でも無料でお酒を楽しめる裏技があるのでぜひ試してみてください。

アルコールが無料! なんと食事もおトクに!?

ドバイのレストランで普通に食事をしようとすると、ランチ平均3,000円、ディナー平均1万円弱(アルコールを含む)の予算が必要といわれています。
チップ制ではないためアメリカやヨーロッパなどと比べるとまだマシですが、アルコールの値段が他国より圧倒的に高いのでお酒好きの人にとっては辛いところ。

ドバイの高層ビル群ドバイのシティ感が漂う、上空から見た高層ビル群

とはいえ、ドバイでもお酒と食事を楽しみたいという女性にオススメしたいのが「レディースナイト」の利用です。
ドバイのレストランやバーでは特定の曜日限定で無料もしくは格安でアルコールが飲める「レディースナイト」を実施しています。

JW Marriott Marquisにある「Vault」JW Marriott Marquisにある「Vault」。71Fからドバイの夜景が一望できる

例えば、JBR(ビーチエリア)にあるAmwaj Rotana HotelのイタリアンRossoでは、火曜日限定で指定のアルコール類3杯無料+パスタ・ピザが半額
さらに、DIFC(金融エリア)のシーフードレストランCrab Marketでは、水曜日限定でワインのフリースロー+フード類25%オフなどお店によって内容はさまざま。

定価だとちょっと二の足を踏んでしまうようなレストランにもお試し感覚で行け、文字通りタダで飲んでお店を後にしてもOK
ちなみに、マリーナエリアにある飲食店ビルPier7内のレストランはレディースナイトを火曜日に集中させているので、複数軒のハシゴも気軽にできます

ラテンレストランのトロントGrosvenor Houseのラテンレストラン「Torotoro」。ミニタパスをサービスしてくれる

日曜日から木曜日の平日(ドバイは金曜日・土曜日が週末)であれば、どこかしらのレストランやバーで実施しているので当日の気分で探してみてもいいですね。

利用は女性限定。人気店は事前予約がベター

気をつけたいのは、レディースナイトは女性を対象としたプランのため男性の方は利用できないこと。
そして夫婦やカップルで行く際、お店によってはオファーが適用されない場合もあるため、席に着いたら店員さんに確認しましょう。

ドバイのレディースナイト情報が掲載されているHPで事前に気になるお店に目星をつけておくと便利です。「Dubai Ladies night」などのワードで検索すると色々なページがヒットします。加えて、人気店はかなり混み合うため事前予約がベターです。

テラスで楽しめるall’ondaサンセットをテラスで楽しめるパームジュメイラの「all’onda」

女子旅でドバイに来るならぜひ試して欲しいレディースナイト
浮いたディナー代をショッピングやアクティビティに回しておトクな旅を実現するのはいかがでしょうか。

※2019年10月時点の内容で、レディースナイトのオファーが変更になる可能性があります。最新情報は直接レストランに問い合わせください。