自分と同スペックのくせに諦めていない奴を見よ

「部屋とお金と私」全3回連載の2回目。
今回のテーマは「『何で私はどこかの財閥の娘/息子じゃないの?』などといつまでもウジウジ考えてしまう働きたくない願望について」である。

他の記事に比べ、私に与えられるテーマのレベルが低すぎる気がするのは気のせいか。
どうやったら金が貯められるか以前に、現状を嘆くばかりで、金を貯めたいという意志を持つところにすら到達していない。

おそらく「財閥」も意味を知らずに言っていると思う。
これは長い道のりになりそうだ。人生100年では足りないかもしれない。

投信工房

しかし、何故自分は財閥の娘じゃないのかという嘆きは「自分は財閥の娘じゃないから何やってもダメ」という「諦め」でもある。
「諦め」というのは、貯蓄のみならず、全てに対するやる気をなくさせる。

「どうせ自分の顔は石原さとみじゃないし」と諦めてしまったら、化粧もダイエットもする気が起きないのと同じだ。
「この泥団子の表面をピカピカに磨いてくれ」と言われてやる気が出せるのは小学2年生の男子までである。ちなみに女子は幼稚園のほし組時点で興味を失う。

貯金だって2000万貯めろと言われて「無理」と思った時点でもはや1円も貯めたくないし、なんだったら、19430円ぐらい使いたくなる。
具体的にはソシャゲのガチャを100連ぐらいしたい。

しかし、本人の問題ではなくそう言った「諦め」が発生しやすい世の中であることも否めない。
顔が石原さとみではなく、どちらかというと裕次郎(晩年)なのが本人のせいでないように、生まれた時から人間には格差がある。
経済的に恵まれない環境に生まれてきたことで、学習機会、体験機会に大きなハンデがつき、そのまま進学や、就職でも差がつくことになる。

tsumiki証券

結局低収入家庭の家に生まれた子供は低賃金の仕事にしかつくことが出来ず、また低収入家庭を作る、もしくは家庭を持つことすらできない、というループになる。
現在の世の中の仕組みでは、自力でこの格差ループから抜け出すことは容易ではなく、早い段階で「諦め」を感じてしまう子どもも少なくないという。

「誰でも顔面をさとみにするチャンス」を与えるのは無理でも「誰でもまともに進学、就職できるチャンス」がある社会でなければ、この「諦めムード」を根本的に変えることはできない。

しかし、「ひたすら自らの不遇を嘆いたり、諦めたままでいてもしょうがない」というのも事実である。

真の意味で諦めて、「5階以上の窓からアイキャンフライするするガッツがある」というなら別だが、「諦める以外は何もするつもりがない」というならそれは時間の無駄であり、早い段階で困ったことになってしまう。

よって、寿命までダラダラ生きる予定ならこの「諦め状態」からは早く抜けたほうがいい。
諦めからさえ脱出できれば、どれだけ悲惨な状況でも「宗教入信」など新しいアクションを起こす気になれるからだ。

諦めからの脱出方法だが、今回は「財閥の娘」なる「悪役令嬢」と同じぐらい、どこにいるかわからない存在、つまり「極論」で考えて凹んでいるということだ。

正直、極論を考えてバカらしくならないことのほうが少ない。
目の前にどんな美味そうな料理があっても「最終的にウンコになる」と考えたら食欲が落ちてしまうし、スネ夫も「オレ近所の小金持ちだけど、孫正義より貧乏だよな」と考えてしまったら、自慢の3人乗りスーパーカーで崖から飛び降りてしまうかもしれない。
極論を言われて萎えないのは自分の推しを「それJPEGじゃん」と言われたオタクぐらいである。

つまり、「自分を財閥の娘と比べていつまでも嘆き続ける」というのは、さわやかのハンバーグを前にウンコのことを考え続けて鉄板を冷めさせるぐらい、意味不明で無駄なことなので早めにやめたほうが良い、ということだ。

同レベルを見よう

よってまず上を見すぎるのはやめよう。キリがなさすぎて永遠にそこから動けない。

だからと言って下を見るのもダメだ。
確かに下を見ることで「自分はまだ恵まれている」と思い、やる気が出せるなら良いが「財閥の娘ではないが、桃に入れられて川に流されるような生い立ちよりはマシ」という「安心感」を得てしまったら、またそこから動かなくなってしまう。
そうしている間にも、桃に入れられて流された奴は、鬼を倒してワンチャンという行動を起こして、気づいたら自分より上に行っているのだ。
よって、まずは自分に近い人間から見よう。

近いと言っても、自分に近くて、同じく諦めている奴を見てもだめだ。
船が沈みかかっているのに「隣の席の奴も逃げようとしてないしな」と考えているうちに一緒に沈むパターンだ。

まずは、自分と同スペックのくせに諦めていない奴を見よう。

つまり、自分と同じような年齢、職業や年収だが、何らか貯蓄やスキルアップをしようとしている「1歩だけ先んじている奴」を見たほうが良い。

マラソンで、一緒にゴールしようねと言って来た奴が、ゴール前で猛スパートをかけてきたら、負けてたまるかという気になるだろう。それがやる気である。

石原さとみのメイク動画など見てはいけない。スタート時点では「生き別れの妹!?」というレベルの動画を探して見ろ、ということだ。