ロボットと聞いて、皆さんはどのようなイメージを思い浮かべますか? 二足歩行の人型ロボット、部屋の中を自在に動き回るお掃除ロボット、産業用のロボットアームなど、その姿はさまざまでしょう。近年のロボット産業はより実用的な方向へとシフトし、活躍の場を大きく広げています。センサーを通じてビッグデータを集め、人工知能(AI)で解析しながら効率的な作業を進めるなど、急速な進歩を見せているのです。本記事では、そんなロボット関連企業に投資する投資信託をランキング形式でまとめるとともに、運用成績や特徴を比較します。

ロボット関連企業に投資する投資信託の純資産残高ランキング

2020年5月末現在、ファンド名に「ロボ」が含まれる投資信託は約20本あります。その中で、純資産残高の多い順に10ファンドを抽出したのが下記の図表です。

tsumiki証券

ファンド名 純資産
(億円)
過去1年の
騰落率
信託報酬
(税込)
運用会社
1 グローバル・ロボティクス
株式ファンド(年2回決算型)
3245.21 18.71% 1.94% 日興アセットマネジメント
2 グローバル・ロボティクス
株式ファンド(1年決算型)
2856.40 18.92% 1.94% 日興アセットマネジメント
3 ロボット・テクノロジー
関連株ファンド-ロボテック-
2345 21.4% 1.82% 大和アセットマネジメント
4 ジャパン・ロボティクス
株式ファンド(1年決算型)
646.98 9.91% 1.71% 日興アセットマネジメント
5 グローバル・ロボティクス
株式ファンド
(為替ヘッジあり・1年決算型)
215.56 19.55% 1.94% 日興アセットマネジメント
6 ジャパン・ロボティクス
株式ファンド(年2回決算型)
187.28 9.96% 1.71% 日興アセットマネジメント
7 グローバル・ロボティクス
株式ファンド
(為替ヘッジあり・年2回決算型)
186.20 19.19% 1.94% 日興アセットマネジメント
8 ロボット戦略 世界分散ファンド
『愛称:資産の番人』
144.98 3.9% 2.21% T&Dアセットマネジメント
9 ロボット・テクノロジー
関連株ファンド(年1回決算型)
-ロボテック(年1回)-
128 21.4% 1.82% 大和アセットマネジメント
10 ロボット・テクノロジー
関連株ファンド
-ロボテック-(為替ヘッジあり)
125 21.4% 1.82% 大和アセットマネジメント

※投資先ファンドの信託報酬を含む実質的な負担
データは2020年5月29日時点。各運用会社の運用報告書をもとに編集部作成

純資産残高で選ぶなら:グローバル・ロボティクス株式ファンド

2020年5月末時点で最も純資産残高が多いロボット関連の投資信託は、日興アセットマネジメントの『グローバル・ロボティクス株式ファンド』です。年2回決算型、1年決算型、為替ヘッジあり・1年決算型、為替ヘッジあり・年2回決算型の4タイプがあり、シリーズ累計の純資産残高は6500億円を超えています。純資産の大きさは投資家の支持の表れと考えることができ、日本を代表するアクティブファンドのひとつといえるでしょう。

銘柄選定を行うのは、米国の資産運用会社であるラザード・アセット・マネージメント・エルエルシー。産業用やサービス用などのロボットを製作する企業に加え、ロボット関連技術である人工知能(AI)やセンサーなどの開発に携わる企業も投資対象とするのが特徴です。

『グローバル・ロボティクス株式ファンド』について、筆者は日興アセットマネジメントの担当者に取材したことがあります。印象的だったのは、「ロボティクスは成長の確度が高い半面、どのタイミングで、どのような地域・産業で、どの企業の技術が世の中に出てくるのか、運用者の企業調査力が試される」という話です。同ファンドは大手企業の被買収者となった銘柄を組み入れていた実績もあり、企業経営のプロからも高く評価される銘柄を見いだしているといえます。

投信工房

振り返ってみると、2017年の取材時の『グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)』基準価額は1万2000円くらいでした。それが2020年5月末現在は1万6000円を超えています。「不透明な市況の中でも、ロボティクスは明確な成長ストーリーを持つ」という話の通り、順調に成長を続けているようです。

過去1年の実績で選ぶなら:ロボット・テクノロジー関連株ファンド -ロボテック-

大和アセットマネジメントの『ロボット・テクノロジー関連株ファンド -ロボテック-』は、過去1年間で20%超の上昇となりました。特徴的なのは、米国株のウエイトが大きいこと。国・地域別構成では、米国株が60.4%、次いで日本株が16.9%となっています。組入上位10銘柄の1位は日本のキーエンスですが、2~9位はアルファベット(グーグルなどの持ち株会社)や、アマゾン・ドット・コムなどの米国企業で占められています。

比較対象として、『グローバル・ロボティクス株式ファンド』の米国株の比率は48.4%、日本株が30.3%と続きます。上位10銘柄にはキーエンス、ダイフク、安川電機という日本の3銘柄が名を連ね、フランスやスイスの銘柄も組み入れられています。

『ロボット・テクノロジー関連株ファンド -ロボテック-』の信託報酬は1.82%であり、1.94%の『グローバル・ロボティクス株式ファンド』より低いこともポイント。「米国株を中心に投資したい」「信託報酬はなるべく抑えたい」という人に向いているといえそうです。

純資産残高は小さいけれど成績優秀:iTrustロボ

ちなみに、純資産残高は44.9億円にとどまるものの、ピクテ投信投資顧問の『iTrustロボ』も年間騰落率22.89%という好成績を残しています。

『iTrustロボ』は、企業のビジネス全体における関連事業比率を示す「ピュリティ」という指標を重視し、ロボティクス関連事業の比率が低いと判断される企業は投資対象から外すことがユニークな特徴です。

要するに、仮にロボティクス事業が成長したとしても、業績に与えるプラスの影響が小さく、株価にも結び付きにくい企業には投資しないという考えです。より純粋度の高いロボティクス・ファンドといえるでしょう。

日本企業への投資なら:ジャパン・ロボティクス株式ファンド

「日本のロボット関連企業に集中して投資したい!」という人には、『ジャパン・ロボティクス株式ファンド』があります。

『グローバル・ロボティクス株式ファンド』の日本版ともいえる本ファンドは、国内の運用会社である日興アセットマネジメントが銘柄選定を行います。組入上位10銘柄には、キーエンスのほか、ソニーやリクルートホールディングス、村田製作所など多くの人になじみのある企業も並んでいます。上記で挙げたロボット関連ファンドと比べれば見劣りはするものの、過去1年で約9%のリターンを収めています。

新型コロナウイルスの感染拡大によって新しい生活様式が求められるようになる中で、日本にもデジタル化の波が押し寄せています。他の先進諸国と比べて歩みが遅れている日本だからこそ、これから一段とデジタル化の流れが加速する可能性もありそうです。その伸びしろに期待するなら、『ジャパン・ロボティクス株式ファンド』に着目するのは面白いかもしれません。