2021年3月3日にクレディセゾンから新たに登場したクレジットカード『Likeme♡by saison card』(以下、Likemeカード)をご存知でしょうか? 1990年代後半以降に生まれたZ世代(※1)をメインのターゲットに、「最初の1枚」の定番になることを目指すクレジットカードだそうです。そして公式アンバサダーには、グローバルボーイズグループのJO1(※2)が就任しました。そこでカードのコンセプトや魅力、JO1を公式アンバサダーに起用した理由などについて、クレディセゾン デジタルイノベーション事業部の佐藤さんと境田さんに聞いてきました。(聞き手・文=しらこしらお、取材日:2021年4月23日)

※1 1990年代後半~2000年代に生まれた世代を指すことが多い。主に米国で使う世代分類で、X世代(60~70年代生まれ)やY世代(80~90年代生まれ)に続くことからZ世代と呼ばれる。幼い時からスマートフォンやSNSに親しむ「デジタルネイティブ」の世代でもある

※2 サバイバルオーディション番組「PRODUCE101 JAPAN」から誕生したグローバルボーイズグループ。2020年3月4日デビューシングル『PROTOSTAR』でデビュー。2021年4月28日に3rdシングル『CALLENGER』をリリース


公式アンバサダーのJO1による動画【キャンペーン紹介編】。パステルカラーの衣装がカッコイイです!

「縦型」「キャッシュバック」に挑戦

Likemeカード、さっそくウチの妻が作りました。

佐藤さん&境田さん ありがとうございます!

完全にX世代(※3)なんですけどね。

※3 主に米国で使う世代分類で1960~1970年代に生まれた世代を指す

佐藤さん 大丈夫です! Likemeカードは、Z世代をはじめとする若年層をメインのターゲットにしていますが、高校生を除く18歳以上であればどなたでもお申し込み可能で、あらゆる年代の方にご満足いただけるカードだと思います。

とにかく、デザインがオシャレでびっくりしました。

境田さん 通常のクレジットカードですと、表にカード番号やお名前などをエンボス加工(※4)して入れます。それを裏面に記載することで、券面のデザイン性を追求することができました。とはいえ、このデザインを実現するのには、かなり苦労しました。社内や印刷会社さんと何度も調整しながら、ようやくこの形にたどり着きました。おかげさまで当初思い描いていたよりもずっと美しいデザインに仕上がったと思います。

※4 字や絵柄などを浮き彫りにする加工

Likemeカードの券面
パステルカラーのグラデーションが美しいLikemeカードの券面

JO1のイメージともピッタリです。まずは改めてLikemeカードのコンセプトから教えてください。

境田さん 「いま、私の好きな私にであう」をコンセプトに掲げ、先ほど申し上げた通り、現在18歳~24歳ぐらいまでのZ世代を中心とした若年層を主なターゲットとするクレジットカードです。その年代は、ちょうど未成年から成人になり、学生や社会人、早ければ結婚や出産を経験するなど、ライフステージが大きく変化するタイミングです。そのため精神的にも不安定になりやすい時期といえるかもしれません。

いまの等身大の自分自身も、これから変化していく自分自身も含めて、自分のことをもっと好きになってほしい――。そういう想いを込めて「Likeme」という名称にしました。皆さんの「好き」という気持ちにまるで親友のように寄り添い、応援する。そんな情緒的な価値も提供できるようなクレジットカードを目指しています。

具体的な特長や特典は?

境田さん 大きく4つあります。まず日本では珍しい縦型かつ、個人情報を裏面に集約したデザインです。最近のクレジットカードはICチップが搭載されているため、端末にカードをスライドさせ磁気を読み込ませるのではなく、縦に差し込んで決済することが多くなりました。

またスマホやタブレット、SNSの画面も基本的に縦型で最適化されていることもあり、ターゲット層のことを考えると縦型のほうが親しみもあり、視認性が高いと考え、縦型を採用しました。キャッシュレス先進国の韓国には、おしゃれな縦型のカードがたくさんあったことも縦型にした理由のひとつです。

2つ目の特徴が年会費無料で、ショッピング利用の1%が毎月キャッシュバックされる仕組みです。従来の当社のカードには、ポイントの有効期限がない「永久不滅ポイント」が付与されます。しかし、変化の大きな年代を過ごすZ世代が新しいことに挑戦したり、新しいサービスを使う際に、より自由にどこでもおトクに使っていただけるよう、もっとも汎用性の高い付加価値として、キャッシュバックを採用しました。

でもセゾンといえば、永久不滅ポイントですよね。キャッシュバックはある意味、それを否定するわけじゃないですか。それはまさに『Challenger(※5)』ですね。

※5 挑戦者。2021年4月28日発売されたJO1の3rdシングルのタイトル

佐藤さん 確かにLikemeカード自体、かなりチャレンジングな取り組みだったと思います。

「身近さ」や「等身大」を重視したプロモーション

境田さん 3つ目が会員様限定の優待サービスです。ファッションや美容を中心にZ世代の趣味・嗜好に寄り添った店舗・サービスを取り揃えました。まだ公表していない店舗やサービスもありますし、その時々の流行に合わせて順次入れ替えたり、増やしたりしていく予定ですので、楽しみにしていただきたいです。

最後にSNSを使ったコミュニケーションに力を入れている点です。親近感を持っていただけるような気軽なコミュニケーションを、公式のインスタグラムやツイッター上で展開するイメージで運営しています。

佐藤さん Z世代は、物心ついたときからスマートフォンなどが身近にあるデジタルネイティブ世代ということもあり、SNSを通じた情報発信やシェアを好む傾向があると思います。ですから、最初から完璧に作り上げた完成品や世界観を提供するというよりは、「身近さ」や「等身大」を重視するプロモーション展開を意識しています。

SNSは、気軽なコミュニケーションを意識して運営する

境田さん 初めてクレジットカードを作る方も大勢いらっしゃるので、カードの仕組みなどについて直接ダイレクトメッセージでお問い合わせを受けることもあります。あと「ガーランド(※6)って何ですか?」とか(笑)

※6 ひもに造花や旗などをつけた飾り。『Likemeカード』の入会特典として、JO1とコラボしたオリジナルのガーランドがプレゼントされる

ああ、ガーランドは私も調べました。

境田さん そうしたお問い合わせに回答すると「いいね」がついたり、「教えてもらいました!」と拡散されたり。あとカードが届くと「届きました!」とSNSにアップしてくださり、それがまたシェアされて、見た方が入会してくださるなど、これまでにない広がり方をしていると実感しています。フォロワーの皆さまには、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、4月9日にJO1が公式アンバサダーに就任しました。まずはJO1に依頼した理由について教えてください。

境田さん 公式アンバサダーについて検討を始めたのは、2020年の夏ごろです。当初はJO1さん以外にも、他の男性グループはもちろん、女性タレントなど本当にたくさんの候補を社内で出し合いました。検討を重ねて最終的にJO1さんに決まったのが12月頃でした。

佐藤さん Z世代は、他のどの世代よりも多様性に富んだ考え方や価値観を持ち、また多様性を受け入れるといわれています。その意味で、さまざまな個性を持つ11人がひとつのグループとして努力し続け、世界に羽ばたいていくJO1さんは、Likemeカードのコンセプトにぴったり。それと同時に、JO1さんはLikemeカードが大切にする「私らしさ」を応援してくれる存在でもある思い、依頼しました。

メルマガ会員募集中