年3%の利回りなら、30年で約220万円増える

毎月の給料のうち、1万円を投資に回したらどうなるのでしょうか。月1万円だから、年間で12万円。10年で120万円を投資することになります。

以下の表は、月1万円の積立投資を行った場合に、年利と運用期間ごとにいくら増えたかを示したものです。計算を簡単にするために、運用期間中は値動きの波がなく、常に同じ利率でお金が増え続けるものとします。税金は考慮しません。

tsumiki証券

【図表】月1万円の積立投資の成果

期間 元本
(万円)
年利(%)
0.15 1 2 3 4 5
5年 60 0.23 1.54 3.12 4.74 6.40 8.09
10年 120 0.91 6.23 12.82 19.79 27.18 34.99
15年 180 2.05 14.21 29.76 46.80 65.46 85.90
20年 240 3.65 25.66 54.72 87.66 125.03 167.46
25年 300 5.71 40.75 88.51 144.59 210.51 288.12
30年 360 8.24 59.68 132.07 220.14 327.51 458.70

単位:万円

定期預金並みの利率である年0.15%の場合、30年かけて増えたお金は8カ月分の積立額にすぎません。一方、年利5%で30年間運用できたとしたら、元本は2.27倍に増えます。より現実的な水準である年利3%でも30年間で約220万円増えるので、月1万円の投資でもかなりの効果があるといえます。

長く続けるほどお金は増えやすくなる

注目したいのは、期間が長くなるほどお金の増え方が急激になる点です。たとえば年利2%の場合、最初の10年間で増えたお金は12.82万円ですが、次の10年では41.90万円(54.72-12.82)増えています。最後の10年では、なんと77.36万円も増えました。

tsumiki証券

これは、投資元本が毎月1万円ずつ積み立てられることの影響が最も大きいですが、投資元本そのものが育っていく「複利効果」の影響もあります。
長く続けるほど、投資の効果はどんどん高まっていくのです。

ただ、現実の投資では上記のシミュレーションのように「常に同じ利率でお金が増え続ける」ということはありえません。株式などの金融商品は値動きを伴うため、たとえばある時期は年利20%の割合で増えたのに、別の時期にはマイナス10%になる、という変化があるのが普通です。
むしろそうした短期的な変化があるからこそ、毎月少しずつ投資をすることで「高値づかみ」を防ぐという効果が期待できます。これが、毎月決まった金額を投資する積立投資のメリットなのです。