レポート提供:アセットマネジメントOne(2019年3月11日)

  • 2月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比2万人増と、1年5ヵ月ぶりの低い伸び。一方、低水準の失業率や賃金の堅調な伸びから、8日の米国市場は比較的落ち着いた動きに。
  • 8日の中国株式市場は急落。また、先進国の株式市場は足もと下落傾向にあり、今後は株価の変動性が一段と強まる可能性も考えられ、当面、各国株式市場の動向を注視する必要があると思われる。

2月の米雇用者数の伸びは1年5カ月ぶりの低水準

8日に発表された2月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比2万人増と、市場予想の同18万人増(ブルームバーグ集計。以下、同じ。)を大幅に下回り、2017年9月以来1年5ヵ月ぶりの低い伸びにとどまりました。

一方、失業率は3.8%と、前月の4.0%から低下し、およそ49年ぶりの低水準を記録した2018年9月や11月の3.7%に近い水準となりました。このほか、時間当たり平均賃金の伸び率は前年同月比+3.4%と、市場予想の同+3.3%を上回り、2009年4月以来の高水準を記録しました。

【図表1】米 雇用関連指標の推移
【図表1】米 雇用関連指標の推移

※期間:2009年2月~2019年2月(月次)
雇用者数増減は非農業部門の前月比、季節調整済み
平均賃金伸び率は時間当たり平均賃金の前年同月比
出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

失業率や賃金の伸びといった明るい材料も

雇用者数の低い伸びについては、同31万1千人の大幅な増加を記録した前月の反動に加え、天候要因も影響したと考えられる一方、低水準の失業率や賃金の堅調な伸びといった明るい材料がみられ、米国の労働市場は総じて良好さが継続していると判断されます。

雇用統計発表後の米国市場では、10年国債利回りが前日から小幅の低下にとどまったほか、主要株価指数は売り優勢で始まったものの、取引終了にかけては日中の下げ幅の大半を取り戻す展開となり、市場への影響は限定的なものとなりました。米国債券や株式市場の動きをみる限り低調な雇用の伸びは一時的なものと考えられ、米国経済は今後も底堅い推移が見込まれます。

8日の米国株は小幅の下落も中国株は急落

8日の米国市場は比較的落ち着いた動きとなったものの、中国株式市場では上海総合指数が6日ぶりに反落し、2018年10月以来、およそ5ヵ月ぶりの下落率を記録しました。株価指数への組み入れ比率引き上げ期待などから、3月に入り中国株は急上昇しましたが、短期的な過熱感に加え、世界的な景気減速懸念から利益確定売りが強まったとみられます。

また、米中貿易交渉進展への期待が後退するなか、日米など先進国の株式市場は足もと下落傾向にあり、今後は株価の変動性(ボラティリティ)が一段と強まる可能性も考えられることから、当面、各国株式市場の動向を注視する必要があると思われます。

【図表2】日米中 主要株価指数の推移
【図表2】日米中 主要株価指数の推移

※期間:2018年9月7日~2019年3月8日(日次)
2018年9月7日=100として指数化
出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

◆アセットマネジメントOneのマーケット情報一覧はこちら

【ご注意事項】
当記事は、情報提供を目的とするものであり、投資家に対する投資勧誘を目的とするものではありません。
当記事は、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について、同社が保証するものではありません。また掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。
当記事における内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。

【指数の著作権等】
S&P500種指数は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCまたはその関連会社の商品であり、これを利用するライセンスが委託会社に付与されています。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLC、ダウ・ジョーンズ・トレードマーク・ホールディングズLLCまたはその関連会社は、いかなる指数の資産クラスまたは市場セクターを正確に代表する能力に関して、明示または黙示を問わずいかなる表明または保証もしません。また、S&P500種指数のいかなる過誤、遺漏、または中断に対しても一切責任を負いません。
「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体および「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有しています。
上海総合指数は上海証券取引所が公表する指数です。

【特集】アクティブファンドの挑戦─今こそ、投資の“原点”に立ち返る

メルマガ会員募集中