“ドキドキ”って何? “きゅん”って何?

“恋愛感情がない”という感覚について具体的にお伺いしてもよいですか? 例えば、なかけんさんは恋愛につきものの”ドキドキ”とか”きゅん”という感情は湧くことはないのでしょうか?

なかけん 実は知り合った人や他のインタビューでもよくこういった質問はされるんですが……。
うーん。いつも考えてはいるんですが、自分でも恋愛感情がどういうものなのか100%理解できているわけではないので、答えるのがとても難しいところはありますね。

ただ、「ドキドキする」という感覚は、やっぱりないかなぁ。感覚は人によってさまざまなので、“絶対”とは言い切れないですが。

アクサ・インベストメント・マネージャーズ 未来の世界を見据えて、持続的な成長が期待される企業に厳選投資

なかけんさんはどうして「ドキドキ」を感じないと分かったんですか?

なかけん 高校生の頃ってよく恋愛話で盛り上がりますよね。
ちょうど友達が好きな人ができたと言っていたので、「なぜ好きになったのか」を直接聞いてみたんです。

そうしたら、「優しくされたから“きゅん”ときた」とか「それから“ドキドキ”して恋愛感情に変わっていった」と答えが返ってきました。

聞いているこっちが恥ずかしくなってきそうな少女漫画的甘酸っぱさですね。

なかけん でも私の場合は、たとえ人から優しくされたとしても「うわぁあ。すごくいい人!」で終わってしまうんです。
“トキメキ”っていうんですかね? そういうものを全然感じたことがなくて。

「感情の揺れが一定」ということでしょうか?

なかけん 恋愛軸で考えたら、おそらくそうなんでしょうね。
でも、「この人ってめちゃくちゃ素敵!」といった感情の揺れはありますよ。
でもそれは人間として尊敬できるとかそういった類のものであって……。
“ドキドキ”とは違いますね。

でも、人はすごく好きなんです。
私自身、色んな人と出会ったり話したり、色んな場所へ出掛けたりするのも好きです。

もし、「その“人が好き”という気持ちが恋愛感情だ」と誰かに言われたとしたら、それは「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない」としか言えません。
ただ、私の中では、周りのみんなが言う恋愛感情とは違う気がするんです。

なかけん

私はずっと「もしかしたらこれが恋愛感情かもしれない」と自分の感情を疑ってきました。
そうやってずっと生きているんです。
ただ、「恋愛的にこの人に惹かれるのか」と突き詰めて考えると、やっぱりまだ実感が湧いたことはない。

なかけんさんが「人が好き」と感じるとき、男性と女性とで感情に違いはありますか?

なかけん 男性にも女性に対しても、同じ“好き”という感覚ですね。
人類とくくってしまうと大げさかもしれないですが、たぶん先程も言ったように、私の“好き”には尊敬という気持ちが混じっているんだろうなと思います。

恋愛や性的な要素を抜きにしても、「あんな人になれたらいいな」とか「生き方がかっこいいな」とか「友達になりたいな」って思ったりしませんか?
純粋に人として素敵だと感じたら、性別やその人の背景や諸々の事情に関係なく、私は“好き”と感じます。

メルマガ会員募集中

ESG特集