2020年の年明けに起きたイラク情勢の緊迫化。米軍による空爆やアメリカのトランプ大統領の発言によって、金価格やビットコインの価格は大きく動きました。

「有事の金」は一時1600ドルを突破

投資の世界には「有事の金」という格言があります。有事とは、主に政治的な緊張状態のことを指します。国際的なテロや国同士の衝突が起きると、世界の投資家は株式を売って金(ゴールド)を買うため、金価格が上がりやすくなるという現象です。

FXcoin

2020年1月3日に、米国のトランプ大統領の命令に基づいて米軍がイランをドローンで空爆し、イラン革命防衛隊のガセム・ソレイマニ司令官を殺害したというニュースが世界を駆けめぐりました。
その後、イランの革命防衛隊はイラク国内の米軍の拠点を攻撃。イラン情勢はさらなる緊迫化が懸念されましたが、トランプ大統領は日本時間の9日午前1時頃に「米国は軍を使いたくない」と述べ、武力の行使を避けたい意向を表明しました。

イラン情勢の変化に、金融市場も反応しました。金価格は以下のような値動きとなりました。

【図表1】日本時間1月1日~9日14時頃までの金価格の動き
金価格
※日付は米国ニューヨーク時間
出所:KITCO

米ドル建ての金先物価格は一時1600ドル/トロイオンスを超え、2013年以来の高値を付けました。まさに「有事の金」の格言どおりの値動きです。
その後のトランプ大統領の発言によって金が値下がりしたのも、戦争の懸念がひとまず去ったことの表れといえます。

投信工房

ちなみに金の史上最高値は2011年9月の1920ドル台。当時は2008年に起きたリーマン・ショックと、その後の欧州債務危機などの影響で世界経済が不安定だったために、株式が売られて金が買われる傾向が強まりました。

わずか数日で2割値上がりしたビットコイン

そして、同じ時期のビットコインの値動きがこちらです。

【図表2】日本時間1月1日~9日14時頃までのビットコイン/円(bitFlyer)の動き
ビットコインの値動き
出所:bitFlyer

日本時間1月3日の底値1ビットコイン=75万円から、8日夜には91万円まで上昇しました。わずか数日で20%を超える急激な値上がりです。
同時期に金は1520ドルから1600ドルの値上がりですから、上昇率は5%程度。ビットコインの値動きの大きさがよくわかります。

事件が起きたのが中東ということで、この時期には原油価格も大きく動いたのですが、こちらは1バレル=61ドル付近から65ドル台への上昇で、上昇率は7%。それでも十分に大きな値動きですが、ビットコインにはかないません。

「有事のビットコイン」と呼ばれる日が来る?

このような突発的な国際情勢の変化に合わせてこまめに株式や為替を売買して利益を得るのは、常に市場に張り付いている人でないと難しいものです。我々のような会社勤めの人にとっては現実的ではありません。

ひとつ言えることは、金は「値動きがある資産」だということです。個別株式と違って、その価値が大幅に下落することも考えにくいのも特徴です。
過去の傾向を見ると、金はたとえ一時的に値下がりしても、いつか値上がりすることが期待できるので、積立投資に向いている資産といえるかもしれません。

ビットコインも、今は値動きが大きすぎる印象がありますが、日本円や米ドルと違ってビットコインには国籍がないので、金と同じように国際情勢の変化の影響を受けづらいと考えられます。将来的には「有事の金」と並ぶ「有事のビットコイン」と呼ばれる日が来るかもしれませんね。