厳選した28銘柄、自信を持ってオススメ!

MonJaは投信の記事に力を入れていまして、ぜひ投信についてお伺いしたいと思います。現状、取り扱うのは28銘柄です。どうしてこのラインアップになったのでしょうか。

石川 株式型の投信は、信託報酬が安いインデックスファンドとしてまずは『eMAXIS Slim』シリーズを選びました。さらにアクティブファンドは、ある程度の運用実績を持ち、パフォーマンスが優れていて、なおかつ何らかの受賞歴のあるものを厳選。そして上級者向けのブル・ベア型が3本というラインアップです。

LINE証券で取り引きできる投資信託のラインアップ
LINE証券の投信ラインアップ

確かになかなか粒ぞろいの投信ばかりです。『net WIN』は歴史のあるいいファンドだし、『ジャパン・オーナーズ』もパフォーマンスすごいですよね。『自由演技』もロングセラーのファンドです。さらに『ひふみ』や『コモンズ』、『スパークス』もあって‥‥。う~ん、これは初心者にも最適で、なおかつ通好みのラインアップです。しかもブル・ベア型もあって面白い。

石川 ブル・ベア型も人気ですよ。私もちょっとだけ持っています。

でも債券型が思いのほか少ないですね。

石川 そうですね。投信は長期で保有していただくことを前提に商品を選定しています。そうすると、やはり株式型が中心になります。コモディティやREIT、バランス型も一通りラインアップしていますので、ご自身のポートフォリオを作っていく中で、必要に応じて債券型やコモディティ、REIT、バランス型を選んでいただければと思います。

石川さんの写真③

なるほど。今後ラインアップを増やしていく予定はありますか?

石川 お客さまのニーズに合わせて検討いたします。ただこちらの28銘柄は自信を持ってお勧めできるものだけを厳選していますので、安心してこの中から選んでください。

『LINE Pay』の残高でつみたて投資ができる

そういえば、投信の自動積立サービスもスタートしましたね。

石川 2020年6月17日から始めました。『LINE Pay』のアカウントで簡単に設定できる点が魅力です。毎月の引落としは、『LINE Pay』の残高か、『LINE Pay』に連携している銀行口座のどちらかを選択いただけます。

投信の最低投資金額は100円ですが、投資信託のつみたて投資の場合は毎月最低1,000円からです。他の取引同様、投資信託のつみたて投資でもLINEポイントを利用した買い付け(1ポイント=1円)もできます。

自動積立サービスを始めようと思ったのはなぜですか?

石川 当社は20~30代の口座開設者が多く、そういう方々が少額から時間を味方につけた投資を実践するなら、やはりつみたて投資が一番だと思いサービスを開始しました。積立投資の効果もずいぶん認知されるようになり、ニーズが高いことも理由です。過去に戻って、新卒の社会人だった頃の自分に勧めたいですね。

同感です(笑)。

メルマガ会員募集中