「預金なら安心」って本当なの? 「元本保証」って、実際に何を保障してくれるの? 実は、現金にもリスクが潜んでいるのです。本連載ではそんな「現金のリスク」を切り口に、お金のほんとうの価値を守るための資産運用について考えていきます。今回は、ライフプランのための資産運用において、金(ゴールド)に投資するのは有効なのかどうかを考察します。

  • 新型コロナ対策で金融緩和が行われた結果、金価格は上がりやすくなるのでは?
  • 金には利息がなく、成長もしないため、長期投資には向かない?
  • 価格変動と為替変動の影響はあるが、株式のリスクヘッジの効果を期待できる

まだまだ世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。アメリカのトランプ大統領が罹患する事態にまで陥りました。先行き、どうなるのか、予断を許しません。

ところで、新型コロナウイルス感染症により世界経済が打撃を受け、株価に大きく影響したのが、およそ8カ月ほど前になると思いますが。
読者の皆さまは、筆者の『【緊急アンケート】新型コロナウイルスと資産運用②』をご覧いただいていらっしゃいますか?

mattoco投信スタートキャンペーン

その中で、以下の問いがあり、筆者はこのように答えています。

④ こんなタイミングだからこそ、注目したい金融商品や投資手法はありますか?
・リスクターゲット型のバランスファンド。
・トレンドフォロー型のバランスファンド。
・金(ゴールド)のETF。

「注目」だけにとどまらず、筆者が実際に投資したのが、「金(ゴールド)のETF」です。

そこで本稿では、まず筆者による金(ゴールド)への投資を振り返ります。そして、振り返りにとどまらず、ライフプランの中に金への投資を組み込むべきか否かを考えてみたいと思います。

ライフプランの中に金への投資を組み込むとは、どういうことでしょうか? 例えば、教育資金の準備を目的に、あるいは老後資金の準備を目的に、金にも投資するという意味です。

ファイナンシャルアカデミー「投資信託」

筆者が金に投資をしたのは「有事の金」だから?

「有事の金」という表現があるようです。普段は「何か起きたときのために金を持っておくといいですよ」くらいの意味で使われることが多いようですが、筆者が仄聞したことによれば、この有事とは「核戦争」を指しているという説があります。

1960年代から1980年代にかけて、「冷戦」といわれる時代がありました。当時の超大国、つまりアメリカとソ連がにらみ合っていた状況です。この冷戦が現実の核戦争に発展した場合でも、「お金(マネー)は焼けても、金(ゴールド)なら残るし、自身の名前を刻印できる」と欧州の富裕層は信じていたそうです。

現在のように、世界中で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい続けている状況は、戦争とは異なります。とはいえ、多くの人たちが命を落とし、経済に大きなダメージを与え続けています。お札が燃えてしまうような状況ではないにせよ、今のコロナ禍を「有事」と表現しても差し支えないかもしれません。

長々と能書きを垂れてしまいました。
しかし、筆者が金に投資した目的は、「有事」とは別の視点にあります。

金に投資をしたのは、世界中のお金の価値が下がると思ったから

新型コロナウイルス感染症が蔓延し、世界的に経済活動が大きく落ち込んでいます。コロナ対策のため、世界中の国々で金融緩和や財政出動を余儀なくされました。この金融緩和の影響によって、筆者は「いずれ、世界中のお金(マネー)の価値が下がるのでは?」という思いが込み上げてきました。

お金の価値が下がる、すなわち、インフレを予想しました。
しかし、もし、インフレを予想するなら、価格が物価に連動しやすい株式への投資も選択肢のひとつになるはずです。

とはいえ、新型コロナの影響で株価が暴落した当時の状況を踏まえると……下落した株価が、いつ反転するのか、その時期が見極めきれずにおりました。
そこで筆者が注目したのが「金(ゴールド)」だったのは、冒頭に述べたアンケートの通りです。

金投資
インフレになって、金の価格が上がる?

金(ゴールド)は安定資産?

歴史の教科書を紐解くと、第一次世界大戦の前くらいまでは、日本を含む、世界中の多くの国で「金本位制」というお金の制度を導入していたようです。金本位制とは、国が発行するお金(マネー)と金(ゴールド)がいつでも交換できることを、国が保証する制度です。つまり、自国のお金の価値の裏付けとしての金だったのですね。「我が国は金を多く保有しているから、お金をたくさん発行しても大丈夫ですよ」という具合ですね。

21世紀の現代では、金本位制を導入している国はないと思われますが、それでも金の価値と信用度は揺らぐことはないと思います。と申しますのも、アメリカやドイツなどの各国の政府や中央銀行、IMF(国際通貨基金)などの国際機関は、現在でも、それぞれ数千トンもの金を保有し続けているからです。

ところで、その昔、多くの国で金本位制を導入したのは、「金の変わらぬ価値=自国のお金の安定」と、「世界の誰もが認める信用=自国のお金の信用度の維持」に注目したからではないでしょうか?
そして、現在でも多くの国、それも経済力の高い(=GDPが大きい)国の政府や中央銀行で金が保有されています。

21世紀の現代では金本位制を導入している国はないため、金の保有量に関係なくお金を発行できる状態です。今はこの新型コロナウイルス感染症に伴う経済的な痛みを抑えるために金融緩和をする、つまり国債の発行を増やすことで、お金の量を増やしているのです。

金の価値は変わらず、その信用度は世界中で変わらぬものがある……。この認識が、今後も変わらないとしましょう。
すると、金の「価値」は変わらなくとも、金の「価格」は上がる、そんな可能性もあるのではないでしょうか?

つまり、金の価値は変わらない。しかし、お金を大量に発行し続けることで、お金の価値は下がり続ける、ということです。
その結果として金の価格が上がる、というのが筆者の認識でした。

メルマガ会員募集中