IPO(新規公開株)投資の成功は、抽選に当たるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。IPO株の当選確率を上げるために重要になるのが、証券会社の選び方です。本記事では数ある証券会社の中でも、IPOに強い証券会社をポイント別にまとめました。自分が優先するポイントに合った証券会社を見つけてIPO投資に備えましょう。

  • IPOに強い証券会社選びは、①取扱実績②抽選方法③口座開設数をチェック
  • 抽選方式は1人1票方式が狙い目。口座数が少ない証券会社のほうが当選確率は高い
  • 主幹事・幹事証券にあたるよう、口座は多めに開設しておくと安心

IPO長者への道は、証券会社選びから

IPO株は投資家から強い人気を誇るため、当選するだけでもひと苦労です。IPO株に当選する確率を少しでも上げたい場合は、証券会社選びの段階から戦略が必要になります。自分が当選しやすくなる証券会社を選ぶためにチェックするポイントは、以下の3つです。

① IPO取扱い実績

過去にIPOの幹事証券になった実績が多いほど、IPOを得意とする証券会社だといえます。過去IPO支援に実績のある証券会社は今後も幹事証券となる可能性が高いので、優先的に口座開設しておきたいところです。

② IPOの抽選方法

IPOの抽選方法は完全平等の1口座1票の証券会社もあれば、資金力に応じて当選確率が変動する会社もあります。よって、資金力のない個人投資家の方は、完全平等抽選の証券会社を選ぶべきでしょう。

③ 証券会社の口座開設数

口座開設数が多い証券会社ほど、抽選に参加するライバルも多いことが想定されます。つまり、口座開設数が少ない証券会社のほうが、当選確率は上がりやすくなる傾向があります。

目的別に証券会社を選ぶならここ!

当選確率を上げるために重要な項目別に、おすすめの証券会社を表にまとめました。自分が優先する項目から、ぴったりの証券会社を選んでみましょう。

証券会社比較

取扱実績優先なら

主要ネット証券のひとつであるSBI証券と、SMBC日興証券が取扱件数1位・2位です。SBI証券については2020年実績が85社(IPO全体の91%)で幹事証券となっており、IPOへの圧倒的な強さが伺えます。また、IPO投資で人気になりやすいIT系の主幹事になることが多い点も見逃せません。

抽選方法優先なら

抽選方法は各証券会社が自由に決めているので、中には申込株数が多い人を優先したり、取引状況を加味して抽選する証券会社もあります。資金力がある人にはこうした証券会社のほうが有利ですが、資金力がない人におすすめなのが1人1票方式。

誰でも平等に抽選を受けられるので資金力がなくてもマイナスになりません。この方式をとっている証券会社で代表的なのは、マネックス証券GMOクリック証券です。

口座開設数優先なら

岡三オンライン証券GMOクリック証券は、主要ネット証券に比べて口座開設数が少なめです。また、ネット専業証券のこの2社は取引手数料も割安。小規模だからこそできる手数料の安さは大きなメリットでしょう。メイン口座にプラスして、サブ口座でぜひ持っておきたい証券会社といえます。

新芽のイメージIPO株は投資家からの人気が高い

複数の証券口座を持てば、当選確率は上がる

証券口座は1社にしか持てないというルールはありませんので、できるだけ多くの証券会社に口座を持って抽選に参加したほうがIPOの当選率は上がります。

IPOの際にどの証券会社が主幹事証券になるかはその時次第です。株式の割当数が多い主幹事証券から申し込みたくても、口座を持っていなければ申し込みはできません。どこが主幹事証券になっても対応できるように、なるべく多くの証券会社で口座を持っておくと有利です。

また、口座を持っている証券会社が主幹事でなかったとしても、幹事でさえあればIPO株の割当があります。IPOの幹事証券の口座があることはIPO株の当選率を上げることに直結しますので、IPO狙いの投資家であればなるべく多くの口座を開設するに越したことはありません。

〈あわせて読みたい!IPO関連記事〉

IPO株の当選確率を上げる3つの方法

絶対に当選したい! IPO株の買い方ガイド

メルマガ会員募集中