「IPO投資」という言葉はあまり馴染みがなく、上級者向けの投資手法だと思っていませんか? 実は初心者でも比較的簡単に収益が期待できるシンプルな投資手法です。その仕組みと具体的な取り組み方を解説するので、ぜひ参考にしてチャレンジしてみてください。

  • IPO投資とは、新たに株式上場する銘柄に投資すること
  • IPO銘柄は値上がりしやすく、比較的容易に収益を期待できる投資手法といえる
  • 抽選に当選しないとIPO投資はできないので、当選するための努力を惜しまない

そもそもIPO投資ってなに? 購入までのスケジュールを確認!

IPO投資とは?

IPOとは「Initial Public Offering」の略で、日本語では「新規株式公開」などと訳されます。具体的には未上場企業が東証などの証券取引所に上場することをいい、IPOすれば不特定多数の人がその企業の株を売買できるようになります。

IPO投資とは、上場する前に一般投資家に配られる「株を買う権利」を抽選で手に入れ、投資することをいいます。上場前につく株価は「公開価格」、上場後初めてつく株価は「初値」と呼ばれます。

ニッセンライフ

多くの場合、公開価格よりも初値のほうが高くなる傾向にあるため、その差額で利益を出すことができるのです。抽選で当選し、公開価格で購入、初値で売却さえすれば比較的容易に利益を出すことができるため、人気の投資手法です。

IPO株購入までの流れ

抽選に申し込むには、まずIPO銘柄の割り当てがある証券会社に証券取引口座を開設します。どの証券会社に割り当てがあるかわからない場合は、JPX日本取引所グループの「新規上場会社情報」にアクセスし、会社概要のファイルを開き、元引受取引参加者等の一覧で確認可能です。

取扱証券会社はいくつかありますが、少しでも当選の確率を上げるには、なるべく割り当てのある全ての証券会社の口座を作ることです。IPO投資はそもそも当選しないと始められませんので、少しでも当選確率を上げることをおすすめします。

口座を作れば、前受金が必要な証券会社には、購入金額分の前受金を振込み(前受金が不要な証券会社もあります)、証券会社に抽選の申込みをすれば完了です。あとは結果を待つのみとなります。

個人投資家のイメージIPO銘柄は値上がりしやすいので、初心者でも比較的利益を出しやすい投資手法といえる

見事当選しました!絶対に忘れてはいけない「やることリスト」

「見事当選!これでもう安心……」と思ってはいけません。せっかく当選した株式で利益を出すには、当選後に忘れずにやらなければいけないことが2つあります。

  • 購入の意思表示をする
  • 上場初日に売却する

当選のお知らせが来たら、購入の意思表示をして権利が確定されます。これを忘れてしまうとせっかく当選した権利が無効になってしまいますので、抽選日になったら必ず結果を確認しましょう。

購入が完了したら、上場初日に初値で売却をしてIPO投資は完了となります。取引初日にしか売り注文が出せない証券会社が多いので、初日の朝になったら売り注文を出しましょう。

もちろん、上場初日に売却しなければいけないルールはありません。初日以降も値上がりすると思うのであれば、自分が適切だと思うタイミングを狙うのもアリです。

IPO株はなぜ値上がりすることが多いの?

明確な理由はありませんが、公募価格が本当の企業価値より安めに設定されていたり、初日はその株式への注目が集まって買い注文が入りやすかったり、さまざまな要因により公募価格より高い値段がつきやすくなっています。

もちろん中には人気のない株もあるので、そうした銘柄は初値が公募価格を下回ることもあります。しかし、IPO株の多くは値上がりする傾向にあるので、資家からは強い人気の投資手法となっているのです。

IPO株は初心者からすると難しそうな印象を受ける言葉ですが、実際は抽選に申し込んで当選したら投資するだけという非常にシンプルな手法です。売買のタイミングが明確なため、むしろ初心者でも利益が出しやすい方法ともいえます。興味がある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

IPO株の当選確率を上げる3つの方法

メルマガ会員募集中