「投資に慣れてきたので、そろそろ米国株をやってみたい」。そのような人のために、米国株の取引ができるおすすめ証券会社についてまとめました。気軽に始められる日本のネット証券だけでなく、米国現地での証券口座開設についてもご紹介します。株式投資のステップアップとしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • 米国株投資をするならネット証券が使い勝手がいい
  • 「取引手数料」「取扱銘柄数」などを基準に自分にあったネット証券を見つける
  • 海外の証券会社に口座を開いて投資する方法もある

ネット証券を使えば手軽に始められる

アメリカの証券市場は日本の証券市場より規模が大きいため、米国株の取引ができるようになれば、投資の選択肢が広がります。アメリカ市場はすべての株を1株から購入可能で、日本の証券取引所にある「ストップ高」「ストップ安」の値幅制度がないのが特徴です。そのため株価がダイナミックに動き、利益を出すチャンスもたくさん転がっています。

日本でも米国株を取り扱っているネット証券はいくつもあり、取引手数料の値下げ競争の結果どこを選んでも大差ないほど手数料が安くなっています。下の表をご覧いただければ、取引手数料が安価な点が分かると思います。少額取引が多い個人投資家にとっては、取引手数料が無料の証券会社は使い勝手がいいでしょう。

アクサ・インベストメント・マネージャーズ 未来の世界を見据えて、持続的な成長が期待される企業に厳選投資

ネット証券のサービス比較

自分にあった証券会社を選ぶ際のポイント

米国株は日本のネット証券でも簡単に取引ができ、英語ができなくても問題ありません。もっとも気軽に米国株をはじめる方法は、日本のネット証券で口座開設することです。

取引口座は何社でも開設できるので、複数口座開設して目的や銘柄に応じて証券会社を使い分けてもいいでしょう。なお、口座開設する証券会社を選ぶポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 取引手数料
  • 取扱銘柄数
  • サイトの使いやすさ

取引手数料優先なら

取引手数料の安さを優先したい方におすすめの証券会社は、DMM.com証券です。どれだけ売買しても手数料がゼロなのは、DMM.com証券しかありません。取扱銘柄数が少ない点はネックですが、まずはコストをかけずにスタートしたい人にはぴったりの証券会社だといえます。

取扱銘柄数なら

マネックス証券SBI証券がおすすめです。こちらの2社は手数料体系もほぼ同じ。こまかなサービスの違いを検討して、自分に合ったものを選べばよいでしょう。

サイトの使いやすさ優先なら


楽天証券
がおすすめ
です。PC用だけでなくスマホ用の取引ツールも使い勝手がよく、外出先で取引する可能性がある人にとってはとても便利です。また楽天銀行口座と連携させれば入出金手数料が無料になったり、証拠金を自動振替してくれたりと手間が省けます。

ネットでの銘柄検討のイメージ自分の投資スタイルに合ったネット証券を選んで

海外の証券会社に口座を開いて投資する方法も

英語での手続きに抵抗がない人であれば、海外の証券口座に直接口座を開くという選択肢もあります。海外に口座開設するメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 現地銘柄のほぼすべてを取引できる
  • 日本よりも取引手数料が安いことが多い
  • 外貨を外貨のまま使える
  • オプション取引ができる

海外で証券口座を開く手順はそれほど難しくありません。かなり簡略化していますが、以下の手続きを踏めばアメリカで証券口座を開設できます。

Step1. アメリカの銀行口座を開設する
Step2. 開設した口座に円ドル送金
Step3. 米国証券会社にオンラインで口座開設

意外にシンプルで驚いた人もいるのではないかと思います。アメリカの証券口座があれば基本的にほぼすべての銘柄が取引できるので、投資の選択肢が広がります。

なお、海外口座で取引する際は、日本の証券会社と異なり源泉徴収をしてくれません。取引自体は簡単でも、ほとんどの場合で確定申告が必要となります(無申告は脱税です)。取引記録を自分でつけておかないと、申告する時に大変なことになりますのでご注意ください。

むしろ初心者向き?! 米国株投資の3つの魅力

【徹底比較】NASDAQ100インデックス投信

メルマガ会員募集中

インデックスファンドの次の一手