米国株は多くの証券会社が取り扱い、いまや身近な投資対象となっています。最近では「円貨決済」を選べる証券会社が増えており、米国株を取引するときは、円貨決済か外貨決済(米ドル決済)のどちらかを選ぶことが必要になる場合があります。それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのか解説します。

  • コストを抑えて利益を増やしたい人は、外貨決済(米ドル決済)
  • 取引結果を分かりやすく知りたい、後で円替えする手間をかけたくない人は円貨決済
  • SBI、マネックス、楽天など主要なネット証券は外貨決済と円貨決済の両方に対応

米ドル or 日本円、どちらの決済を選ぶべきか

以前は、証券会社で米国株式に投資する際には、専用の口座を開設したうえで、あらかじめ日本円を米ドルに換金しておく必要がありましたが、最近では、売買と同時に日本円と米ドルの換金を行う「円貨決済」が選べる証券会社も増えており、日本円のままで米国株式を取引できるようになりました。「米国株式は円貨決済のみ」という証券会社もあります。

外貨決済と円貨決済の両方が可能な証券会社で米国株式を取引する場合は、事前に米ドル決済と円決済のどちらかを選ぶことが必要です。それぞれのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

外貨決済(米ドル決済)のメリットとデメリット

米国株式を売買する際に、円貨決済だと必ず所定の為替手数料がかかります。毎回円決済をしていると、せっかく得た利益の一部を都度失ってしまうことになります。米ドル決済をすることで、証券会社に支払う為替手数料を節約できるうえ、株式の売買と米ドルの売買のタイミングをずらすことができるため、為替差益を狙うことも可能になります。

ただし、日本で生活する人の場合、證券口座の米ドルをいつかは円に替えることになるでしょう。株取引とは別に、自分で為替取引をする手間が発生するのはデメリットといえます。

円貨決済のメリットとデメリット

円で決済するメリットは、なんといっても利益や損失がわかりやすいことです。普段、日本円で生活をしている人にとっては「100ドル儲かった」といわれても、それがどれくらいの価値なのか実感しづらいでしょう。

ドル/円の為替レートは常に変動します。株価が上昇していても、それ以上に円高ドル安が進むと、日本円換算では損をしている場合もあります。円で決済することで、その辺りのわかりにくさを解消することができます。

一方、円決済の場合は、米国株式を買うときと売るときにそれぞれ為替手数料が発生してしまうことがデメリットです。株を売却したあと、すぐに別の米国株を購入する場合などでも、そのたびに日本円に換金して手数料を支払うのはもったいないことです。外貨決済であれば、為替手数料は発生しません。売却した資金でまた米国株を購入するのであれば、米ドルで決済したほうがよいでしょう。


売却した資金でまた米国株を買うならドル決済が合理的

コストか分かりやすさか、自身の意向に応じて選ぼう

日本に暮らす人が米国株に投資をする場合、為替というハードルは避けられません。

コストを抑えて効率的に利益を増やしたい方は、為替手数料を抑えられる外貨決済を選ぶ方がよいでしょう。一方、取引をスムーズに行いたい、後で円替えする手間をかけたくない人には、円貨決済をおすすめします。円貨決済であれば、ドル/円の為替変動の影響も含めて、運用成果が一目瞭然となるため、投資成果の把握がしやすいでしょう。

外貨決済・円貨決済の両方に対応する主なネット証券

米国株の取引を始めるためには、証券会社で外国株式取引口座を開設する必要があります。

米国株は日本株より手数料が高い傾向があります。手数料の安さを重視する方は、外国株式取引口座を開設する際は、手数料が比較的低いネット証券がおすすめです。

SBI証券

取引手数料:約定代金の0.495%(税込み)

SBI証券は取り扱い銘柄が多く、米国株式以外にもさまざまな国の個別銘柄に投資できます。初心者から上級者まで取引がしやすい大手ネット証券です。

SBI証券ホームページ(外国株式)

マネックス証券

取引手数料:約定代金の0.495%(税込み)

大手ネット証券会社のひとつ、マネックス証券でも5000銘柄以上の米国株式に投資できます。選択できる注文方法が多く、柔軟な取引がしやすい点が特徴です。

マネックス証券ホームページ(米国株)

楽天証券

取引手数料:約定代金の0.495%(税込み)

楽天証券は、手数料の1%が楽天スーパーポイントとして貯まるお得なサービスが魅力です。楽天銀行と連携することで、金利の上乗せなどのサービスが受けられます。

楽天証券ホームページ(米国株)

メルマガ会員募集中