20代になると、就職や一人暮らしなど、新しい環境での生活をスタートさせる人も多いでしょう。将来のことを色々と考えるうちに、保険には入った方が良いのかな?と思うこともあるかもしれません。今回は、20代女性の方が保険選びをする時のポイントをご紹介していきます。

  • 保険は若く健康なうちに検討すべき。20代の女性であれば、まずは医療保険を検討
  • 「女性特有の病気に手厚い」「保険料が戻ってくる」など多様なニーズに応える商品
  • 必要以上に保障を厚くするのではなく、貯蓄との両輪で将来に備える

20代でも保険は必要なの? その理由を解説

20代というと、病気などとは縁遠く健康診断でも悪い結果が出たことがない、なんていう人もいるでしょう。そうすると、将来の病気に備えるため保険へ入るというのも、今すぐでは無くていいのではないかな、と思いますよね。

生命保険の保険料は、多くの場合、年齢に比例して高くなっていきます。同じ保障内容でも年齢が上がると保険料も上がりますので、若いうちの方がニーズに合わせて保障を手厚くしやすいでしょう。

水への投資 世界的に不可欠な資源への投資機会 BNPパリバ・アセットマネジメント

また、20代は健康な人も多い年代ですが、病気のリスクがゼロというわけではありません。日本産科婦人科学会によると、子宮内膜症や子宮頸がんといった婦人科系疾患は、20代での罹患も増えているといいます。病気やケガで入院や通院、手術や投薬を経験していると、その内容によっては保険への加入が難しくなったり、加入できても保障が制限されたりします。

妊娠をした後も週数が一定以上となると加入が難しくなるケースもありますし、帝王切開などを経験するとその後は保険の加入に条件が付く可能性も出てきます。

こうした理由から、生命保険を検討するのは、若いうち、健康なうちにしておくことをおすすめします。

20代女性はどんな保険を検討したらいい?

いざ、生命保険を検討しようとしても、どんな保険を検討すればいいのか、迷ってしまいますよね。保険選びのポイントを見ていきましょう。

生命保険には死亡保険、医療保険、がん保険といくつかの種類があります。その中でも、まずは医療保険を検討することをおすすめします。

妊娠を希望している女性の場合、妊娠前に医療保険へ加入できれば、切迫早産や帝王切開など出産に関連したトラブルでの入院・手術も保障されます(ただし、正常分娩は保障対象外のことが多い点はご留意ください)。20代女性は健康なうち、妊娠をする前に医療保険の検討しておくと安心かもしれません。

また、女性保険であれば上記のような妊娠・出産を始めとする、女性特有の病気やトラブルに手厚い保障が準備できます。多くの女性保険では、がん全般への保障も上乗せされますので、将来のがんリスクに備えておきたい、という人は検討してみてください。また、女性特有の病気は短期入院で治療をする場合もあるようですので、短期入院に手厚い保障のものもチェックしてみるといいでしょう。

妊婦の女性のイメージ妊娠する前に医療保険に加入しておくと安心かもしれない

いつ使うかもわからない保険にお金をかけるというのがちょっと……という方は、保険料が戻ってくるタイプを検討してみるのも方法の一つ。最近ではお買い物などに使えるポイントも貯められる、なんて保険商品も登場しています。ただし、積み立てがある分、掛け捨てタイプの保険よりも保険料が割高になることもあります。継続して支払っても家計が苦しくならない範囲の金額かどうか、事前に確認しておきましょう。

上記の例に当てはまるタイプの保険商品を5つピックアップしてご紹介しますので、保険探し中の方は参考にしてみてください。もちろん、これ以外にも多くの保険商品がありますので、ニーズにあったものを選んでくださいね。

【図表1】就業不能保険の一例
保険商品名 保険会社 保険種類 ここがポイント!
アクサダイレクトの
終身医療
アクサダイレクト
生命
医療保険
(終身)
入院などをせず給付金受け取りをしなければ、
3年に1回健康祝金を受け取れる特則が付けられる
メディカルKitR 東京海上日動
あんしん生命
医療保険
(終身)
所定の年齢までに入院給付金の受け取りがなければ、
支払っていた保険料の全額が還付される
スーパー医療保険
戻るんです
楽天生命 医療保険
(終身)
所定の年齢までに使わなかった分の保険料が還付される。
条件を満たすと、楽天ポイントの付与も
フェミニーヌ SOMPO
ひまわり生命
女性保険
(定期)
3年ごとに生存給付金を受け取れ、
所定の高度障害状態と死亡時の保障
じぶんへの保険3
レディース
ライフネット生命 女性保険
(終身)
日帰り入院を含む5日以内の入院でも、
まとめて5日分の給付金を受け取れる

※ここでは保険商品の概要をご紹介しています。詳細は、保険会社のサイトやパンフレットなどを必ずご確認ください。

保険と貯蓄の両輪で将来に備えを!

ここまで生命保険の加入のポイントについてご説明してきましたが、20代ですと貯蓄も計画的に進めておけると安心です。心配事に合わせて保障を手厚くしたくなりますが、貯蓄も併せて行える保険料の範囲で保障を選んでいくのも大切です。保険だけではなく、貯蓄も進めておき、将来のリスクに備えていきましょう。

メルマガ会員募集中

ESG特集