投資信託の銘柄選定を行う際にはさまざまな指標を参考とします。そのひとつであるシャープレシオは、効率的な運用を目指すうえで知っておきたい指標です。当記事ではシャープレシオについてわかりやすく解説します。

  • シャープレシオとは、運用リスクに対してどれだけリターンを得られたかを示す指標
  • 実際にシャープレシオを確認する場合は投信評価サイトなどを活用
  • シャープレシオを使って比較する際は、同じ資産に投資するファンド同士にする

シャープレシオとは運用効率を測る指標

シャープレシオとは、投資信託がとった運用のリスク(価格の振れ幅)に対してどれだけリターンを上げることができたか、他の投資信託と比較するための指標です。

仮に同じリターンを上げていたとしても、リスクは異なることがあります。例えば、AファンドとBファンドが、直近1年間でともに5%のリターンを上げていたとしましょう。Aファンドは安定した値動きで5%のリターンをあげられて、Bファンドは大きな値動きの結果5%のリターンを上げたとすれば、どちらに投資をしたいと考えるでしょうか。

同じリターンであれば、リスクが小さいAファンドをほとんどの人が選ぶでしょう。こうしたリスク・リターンの運用効率を測るのにシャープレシオが役立ちます。

シャープレシオの計算式は以下の通りです。

シャープレシオ =(ファンドのリターン-安全資産のリターン)÷ リスク(標準偏差)

安全資産のリターンとはリスクなく預けられる資産のリターンのことです。現在は超低金利となっていますので、安全資産のリターンはほぼ0と考えてよいでしょう。標準偏差とは統計学に用いられる用語で、散布度、つまりばらつきを意味します。価格が大きく動くものは標準偏差が高く、価格があまり動かないものは標準偏差が低いということになります。

シャープレシオで比べてみよう

シャープレシオをどのように活用すればよいか、確認していきましょう。下表をご覧ください。

  過去1年の
リターン
過去1年の
標準偏差
安全資産の
リターン
投資信託C 20.1% 25% 0.1%
投資信託D 15.1% 10% 0.1%

投資信託Cのシャープレシオは、(20.1% - 0.1%) ÷ 25% = 0.8
投資信託Dのシャープレシオは、(15.1% - 0.1%) ÷ 10% = 1.5

投資信託Cの方がリターンは大きいものの、投資信託Cの方がリスクが大きいため、この1年間で効率的に運用できているのは投資信託Dということになります。

このようにシャープレシオは運用効率を示す指標であるため、リターンだけでなく、どれくらいのリスクをとっているかも重視します。

なお、シャープレシオはリターンとリスクがともに高い投資信託と、リターンとリスクがともに低いファンドで同じような数値になることがあります。このようなケースでは、シャープレシオの値は近くても、今後の運用成果は全く異なるものになります。自身の運用スタイルを鑑みて判断する必要があるでしょう。

投資信託評価サイトで簡単に調べられる

シャープレシオは投資信託を選ぶ際の指標として参考にしたい指標です。しかし、自分で計算することは簡単ではなく、とても面倒です。実際に確認する場合は投信評価サイトなどを活用するとよいでしょう。投資信託評価会社のモーニングスターのサイトでは、過去1年、3年、5年、10年のシャープレシオがランキング形式で掲載されています。

モーニングスター ファンドランキング(シャープレシオ)

シャープレシオを使って比較する際は、同じ資産に投資をするファンド同士で比べるようにしましょう。投資対象が異なれば当然リスク・リターンの水準も異なるため、適切な比較ができません。国内株式ファンド同士、海外債券ファンド同士など、同じカテゴリーで比べるようにしましょう。

メルマガ会員募集中