仕事が在宅勤務へと切り替わり、不要不急の外出を控えていることで、身体を動かす機会が減っているかもしれません。そのため、必要な外出時に、人との接触が少ない自転車で移動をする人も増えているようです。その際に気を付けなくてはいけないのは、自転車保険についてです。

  • 自転車保険は、各自治体で加入の義務化や努力義務化が進んでいる
  • 義務化で加入が必要なのは自分が加害者になる場合の補償
  • 自動車保険などに付帯されている場合もあるのでまずは加入している保険をチェック

自転車保険で備えられるリスク

自転車はお子さんから高齢の方まで、幅広い年代の方が利用できる、便利で手軽な移動手段のひとつです。一方で心配なのが、交通事故にあうリスクです。

FXcoin

警視庁の「都内自転車の交通事故発生状況」 によると、東京都内で発生した交通事故全体のうち、自転車が関わっている事故の割合は39.0%と全体の4割近くを占めています。自転車を利用するときは、自分が事故の被害者になる可能性、そして加害者になる可能性もあるのです。そうしたリスクに備えるための保険が、自転車保険です。

自転車保険とは、自転車を運転しているときの事故で、他人にケガをさせてしまった場合や他人の物を壊してしまった場合の損害賠償や、自分がケガをしてしまった場合の治療費などに備える保険です。

補償内容は、自分が日常生活の中で起きる事故で加害者となってしまったときの個人賠償責任補償が基本です。商品やプランによっては、自分が被害者になった場合の通院・入院費用の補償や、事故の相手との示談交渉を保険会社が行う示談代行サービス、自転車の故障などで自力走行が難しくなったときに搬送を行うロードサービスなどもあるようです。

各自治体で進む自転車保険の加入義務化

自転車保険は民間の保険会社の商品ですが、各自治体で加入の義務化あるいは努力義務化が進んでいます。2020年4月現在、自転車保険加入の義務化・努力義務化が条例で定められているのは下記の地域です。

FXcoin

【図表】地方公共団体の条例の制定状況(2020年4月1日現在)
国土交通省のデータ出所:国土交通省「地方公共団体の条例の制定状況(2020年4月1日現在)」

自転車保険加入が義務化されている地域で自転車に乗る場合、その地域の住民でなくても自転車保険加入が必要となります。また、未成年のお子さんも、保護者がお子さんを保険に加入させなくてはいけません。

自転車保険加入の義務化が進められている背景には、自転車側が加害者の事故で、損害賠償額が高額となるケースが出てきたことも要因としてあげられます。2013年に兵庫県で起きた、当時小学5年生の児童が加害者となった事故では、約9,500万円の賠償を命じる判決が神戸地方裁判所より出されています。こうした自転車を取り巻く状況を踏まえて、兵庫県では2015年に「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が制定され、日本で初めて自転車保険加入の義務化が決定しました。

そして現在では各自治体で、被害者の救済を確実に行えるように、そして加害者側の経済的負担を軽減するために、自転車保険の義務化が同様に進んでいます。

自転車事故のイメージ自転車を利用するときは、自分が事故の被害者になる可能性も加害者になる可能性もある

自転車保険の検討時は補償の重複に注意!

義務化と聞いて、自転車保険の加入を急ごうとする人もいるでしょう。しかし、実は既に必要な保険に加入している場合もあります。

義務化で加入が必要なのは、自身が加害者になってしまった場合の損害賠償金を補償する保険です。自転車保険と名前がついていなくても、次のような保険に同様の補償が付帯されていることもあります。

【個人賠償責任補償がある保険の一例】

・自動車保険
・火災保険
・傷害保険
・TSマーク付帯保険
・共済 など

これらの保険に加入しており、オプションなどで個人賠償責任補償を付帯していた場合、既に義務化への対応が完了している可能性があります(※)。補償が重複していても、受け取れる保険金が増えるというわけではなく、余分な保険料支払いが必要になる可能性もあります。まずは自身がどんな保険に入っているのか、補償額はどれくらいかを確認しておきましょう。

※保険商品や加入時に選んだプランによっては個人賠償責任補償がない場合もあります。保険証券などで補償内容を必ずご確認ください。

ただし、個人賠償責任補償は自身が加害者になってしまったときの補償です。通勤通学で毎日自転車に乗っていたり、自転車に乗るのが趣味であったり、自転車に乗る時間が普通の人より多い場合は、自分のための補償や幅広いサービスもある自転車保険を検討する、というのも方法のひとつです。上記の保険で補償額が少ないと感じた場合も同様に、自転車保険の検討をしてもよいかもしれません。

自分のニーズに応じた自転車保険選びをすること、そして保険に加入しているかどうかに関わらず、自転車を運転するときはしっかりと安全対策を取ること。自転車に乗る場合は、この2つに気を付けたいですね。