資産運用に興味があっても、初心者にとって株式投資のハードルは高いもの。本連載では、現役の証券アナリストが株式投資の魅力や付き合い方をやさしく伝えます。

  • アフターコロナの世界で成長が期待できる銘柄が買いを集めている
  • 医療サイト、ゲーム、企業向け保証、M&A仲介から注目銘柄を紹介
  • あまり難しく考えず連想ゲームのように思いついた銘柄を調べよう

コロナウイルスによる新しいビジネスチャンスに注目

今回は「アフターコロナ」をテーマにした銘柄選びを考えます。

投信工房

新型コロナウイルスの影響で様々な企業の業績が悪化しています。しかしマイナスの影響ばかりではありません。新しいビジネスチャンスの生まれている企業も沢山あり、株式市場でも買いを集めています。

今回はそのようなアフターコロナの世界で成長が期待できる銘柄をご紹介していきたいと思います。

おすすめ① エムスリー(2413)

まずはエムスリーをご紹介します。エムスリーは医療関係者向けの情報サイト「m3.com」を柱として訪問介護や治験の支援などを手掛けています。

新型コロナの感染拡大に伴い、情報を求める医療関係者からのアクセスが急増しました。また、LINEと提携したオンライン診療サービスなども今後の成長が期待されており、コロナ後の医療には欠かせない存在になりつつあります。

投信工房

株価は高値更新が続いており、5月20日の終値は4220円です。100株単位なので約43万円から投資できます。安い場面があれば狙ってみたい成長株と言えるでしょう。

おすすめ② カプコン(9697)

続いてゲーム会社のカプコンをご紹介します。カプコンだけでなく、外出自粛によるゲーム人気の高まりで任天堂(7974)やコーエーテクモホールディングス(3635)などゲーム業界は活況となっています。

カプコンは「モンスターハンター」「ストリートファイター」「バイオハザード」などの人気タイトルを多数抱えており、前期の2020年3月期の決算は過去最高益を更新しました。巣ごもり消費の影響で利益率の高いネットワーク経由のダウンロード比率も伸びており、さらなる業績の拡大が期待されます。

5月20日の終値は3530円。100株単位なので約36万円から投資できます。

カプコンの人気タイトル、ストリートファイターⅡ人気タイトルを多数抱えるカプコンは外出自粛の追い風を受け、過去最高益を更新
Matthieu Tuffet / Shutterstock.com

おすすめ③ イー・ギャランティ(8771)

次にご紹介するのはイー・ギャランティ(8771)です。同社は売掛債権などに対して保証サービスを提供しており、地方銀行と組んで積極的に全国展開しています。

成長中の企業など信用力のそこまで高くない企業にとっては、イー・ギャランティに対して保証料を支払うことで取引先との売掛取引が可能になるといったメリットがあります。こうしたサービスを通じて企業の信用力を補完する役割を果たしているのです。新型コロナの影響により企業の信用力がこれまで以上に重要視される状況で、同社のサービスの需要が高まっています。

5月20日の終値は2214円で100株単位のため、約23万円から投資できます。

おすすめ④ 日本M&Aセンター(2127)

最後にご紹介する銘柄は日本M&Aセンターです。同社は中小企業などに対してM&Aのマッチングサービスを提供しています。

新型コロナ以前から人材不足の問題や後継者問題、規模拡大のためのM&Aのニーズは高まっていました。コロナ後には、廃業を決断する中小企業やチャンスと見て規模拡大に乗り出す企業も現れており、前期の2020年3月期のM&A成約件数は過去最高となりました。

5月20日の終値は3995円。100株単位なので約40万円から投資できます。

新たな需要により成長が期待できる企業は多い

いかがでしょうか?

今回はアフターコロナで伸びが期待できる医療サイト、ゲーム、企業向け保証、M&A仲介を手がける企業から注目銘柄をご紹介しました。これ以外にも新たな需要により成長が期待できる企業が多く出てきています。そのためこれまで以上に銘柄選びによる投資成績の差が出てくる可能性が高くなっています。ただ、あまり難しく考えずに連想ゲームのように思いついた銘柄について調べてみると思わぬ発見があるかもしれません。

実際に新型コロナ後にこれまで興味があったけれど一歩が踏み出せなかった個人の方が初めて株式投資を始めるケースが増えているようです。気になる企業がありましたらホームページなどを覗いてみることをおすすめします。