「部屋とお金と私」全3回の最終回である。

最後のテーマは「もし一生働かなくても贅沢な暮らしができるほど大富豪になったらどうするか」だ。

確か前回は「何故自分は財閥の娘ではないのか」というそもそも論から抜け出せず、全然働く気になれないのだがどうしよう、というまさにどうしようもないテーマだったはずだが、何と未だにそこから一歩も抜け出せていない、という衝撃の事実である。
堅実なお金のサイトがこんな寝言みたいなこと載せていいのか、と思うが、人間と言うのはこういう妄想の果てにやっと「真面目に考えよう」という出発点に立てるのかもしれない。

tsumiki証券

一生働かなくても贅沢な暮らしが出来る大富豪になったらどうするか、と言われたらもちろん一生働かないことだけは確かだろう。

そう言いたいところだが、既知の通り、現在世界はコロナウィルスの影響で半年前とは文字通り世界観が変わってしまった。
ソースはツイッターなので噂程度だが、コロナの影響で原油価格が暴落し、日本人にとって永遠の金持ちの象徴であった「石油王」の資産が危ういというニュースまで流れて来た。

それを受けて「これからは石油王が逆に闇オークションにかけられるBLが流行る」という金脈を早々に掘りだした人もいた。

このように、才のある人は、どんなピンチの中でも素早くチャンスを見いだすのだろうが、普通の人間はそうはいかない。
個人の努力や責任ではどうにもならぬ濁流に飲みこまれ、あっという間に生活が破綻するという現象が今実際に起こっているのだ。
大きな企業の倒産ニュースも珍しくなくなっているが、半年前にはこんなことになるなんて誰も予想がつかなかったと思う。

アットセミナー

しかし、誰も予想がつかないことが起こり、石油王がヤフオク!で1円スタートしてしまうのが世の中というものなのだ。
よって「一生働かなくても贅沢な暮らしが出来る大富豪になったら」というのも結局瞬間最高視聴率にすぎず、どんな人気番組でも次の瞬間、芸人が股間隠し芸をミスって打ち切りにならない保証はないのである。

そうならないために、生放送には出ないとか、事前に股間を取り外しておくという、まず「問題が起こらないための備え」が必要になる。

だがコロナのようにどうにもならないことは起こるので、その時のために「股間隠し芸1本で行きたいが、もしものために教員免許も取っておく」というような保険的備えも必要だ。

だが今回、備えや貯蓄をしていなかった人が悪いというわけではない。なかなかそんな余裕は出来ないし、今回のことを個人の蓄えで乗り切れ、というのはマスク2枚で銃弾を防ぐぐらい無理ゲーだ。

しかし一生働かなくて贅沢な暮らしができるほど資産があるから、一生贅沢な暮らしをするプランで金がなくなった、と言ったらさすがに「てめえは自分で何とかしろ」と言われてしまうような気もする。

よってもし大富豪であったとしても、働いたり、もしもの時のために、備えをしておくことが大事である。

カレー沢薫

もちろんこれは「三億円当たったらどうする?」という絵空事に「貯金かなw」と答えるのと同じだ。
絵空事に対する答えなど、当然絵空事なので、実際三億手にしたら「貯金かなw」などという発想は消え失せ「wwwww」となり、あっという間に散財してしまう可能性もある。

よって、絵空事を考えるにしても3億円あたったら、というポジティブなことではなく、3億円を浪費しただけでなく贅沢ぐせだけがつき、親族とも揉めたため天涯孤独になった、というようなネガティブな妄想も同時にしておくべきなのだ。

ネガティブな妄想というのは「杞憂」と言われ、しなくても良いことのように思えるが、それがあるから人は備える気になるのだ。

「俺は老いないし、病気にならないし、むしろ死なない」というスーパーポジティブシンキングだったら、貯金も保険もかける気にはならないだろう。
「最悪の事態を想定」が出来なければ、リスクヘッジもできないのである。

今回のコロナは俺たちの最悪を軽々越えてきてしまったが、やはり備えておくことで「すぐには困らない」という「猶予」ぐらいは手にすることが出来る。
この「猶予」がないと、冷静に考えることが出来ず、すぐ「死」に走ってしまうし、何とかしようとして傷を広げてしまう可能性が高い。

よって「大富豪だったら」という妄想をするなとは言わない。たまにはそういうことも考えなければやっていけないのも事実だ。

だが同時に「明日食う飯代もなくなったらどうしよう」という妄想もちゃんとしておいたほうが良い。
それを考えれば、そういう時、補助してくれる行政機関などを調べる気になるのだ。

ちなみに3億円当たっても「全額貯金w」と言うのも実はそんなに堅実とは言えない。
原油がマイナス価値になってしまうように、日本円が明日馬糞にならないとは言い切れないのだ。
今は貯蓄するにも、一か所にはおかず、分散することがリスク回避につながるそうだ。

ただ15円を5円づつ口座に分けておくのがクレバーかというとクルクルパーだろう。

「大富豪になったらどうするか」「資産をどうわけるか」という絵空事を少しでもリアルにするため、そろそろ「真面目に考えろ」ということである。