株式の個別銘柄と同じ手順で投資信託が買える──。それが「ETF」という金融商品です。ETFを使えば、日本やアメリカ、ヨーロッパや全世界の株式をまとめ買いできるうえ、「REIT」「債券」「金」にも手軽に投資できます。(著者/MonJa編集部、日興フロッギー編集部、Junichi Kato)

【ETF 前編】ETF(イー・ティー・エフ)って、なんだっけ?

日本と世界の主な株価指数を網羅するETF

ETFの特徴は、「株式と同じ方法で」「投資信託と同じように、日経平均株価やNYダウのような市場平均に連動した投資ができる」ことです。SMBC日興証券なら、100円から日経平均株価などに連動するETFに投資できます。

水への投資 世界的に不可欠な資源への投資機会 BNPパリバ・アセットマネジメント

そんなETFの大きな魅力は、通常の投資信託が扱っていない株価指数などもカバーする、投資対象の幅広さです。

例えば株式だけでも、日本なら日経平均株価、TOPIX(東証株価指数)、JPX日経インデックス400、東証マザーズ指数、さらにはTOPIXの業種別指数など、主な株価指数をほとんどカバーしています。東証マザーズ指数と同じ値動きを目指して運用する投資信託はなく(2021年1月時点)、将来有望なベンチャー企業が上場するマザーズ市場に連動する投資ができるのは、今のところETFだけです。

海外の株式では、アメリカならNYダウ、S&P500指数やナスダック100指数。さらにはユーロ圏、イギリス、中国、韓国、インド、ブラジル、ロシアなど、さまざまな国・地域の株価指数がETFの投資対象です。「全世界」「先進国」「新興国」の株式を対象とするETFもあります。

カエル先生の一言

「JPX日経インデックス400」は、2014年1月に公表が始まった比較的新しい株価指数で、企業の業績や資本効率(どれだけ効率的に利益を出せているか)、情報開示の姿勢などを基準に400社を選びます。
「東証マザーズ指数」は、ベンチャー企業が数多く上場するマザーズ市場を対象とした株価指数です。指数そのものは2003年からありますが、東証マザーズ指数を対象としたETFができたのは2018年のことです。

ETFが投資対象とする主な株式指数

REIT、債券、貴金属……ETFで分散投資

カエルとETF

ETFで投資できるのは株式だけではありません。一般の投資信託と同じく、債券やREIT(不動産投資信託)、金やプラチナなどの貴金属にもETFを通じて投資できます。

例えば債券なら「FTSE世界国債インデックス」などの指数があり、ETFはこれらの指数への連動を目指して運用します。REITは、日本なら「東証REIT指数」が対象です。金などの貴金属も、その価格に連動したETFが設定されています。

ETFで投資できる様々な資産

幅広い資産にETFを通じて投資できるということは、投資信託編第5回で紹介した「資産分散」の効果を、ETFに投資するだけで得られることになります。投資対象が株式だけの場合、短期的な値動きは大きくなりがちです。債券は値動きが比較的小さく、株式とは反対の値動きをしやすい性質があります。金(ゴールド)は「有事の金」とも言われ、世界情勢が不安定なときなどに値上がりしやすいとされています。

株式に加えて債券やREIT、金などにも投資することで、資産全体として値動きを抑えながら着実な成長が期待できるのが資産分散の効果です。実際のETFで資産分散の効果を確かめてみましょう。

メルマガ会員募集中

ESG特集