現役証券アナリストの佐々木達也さんが、株式市場で注目度が高い銘柄の強みや業績、将来性を解説する本連載。第60回は、店舗向けの音楽配信サービスを手がけてきた大阪有線放送を母体として、現在は動画配信サービス「U-NEXT」や企業のDX支援を事業の軸としているUSEN-NEXT HOLDINGS(9418)をご紹介します。

  • USEN-NEXT HDの「U-NEXT」は動画配信で国内2位のシェア
  • 事業者のDX支援にも注力。通信インフラやPOSレジ、決済端末などを提供
  • 8期連続で過去最高を更新する見通し。店舗向けDXサービスの需要拡大に期待

USEN-NEXT HOLDINGS(9418)はどんな会社?

USEN-NEXT HOLDINGS(HD)は持ち株会社として、個人向けの動画配信サービス「U-NEXT」と、事業者向けの店舗向け音楽・動画の配信サービス、DX支援などを事業の軸としています。同社は2017年にUSENとU-NEXTが統合し、誕生しました。

店舗向け音楽・動画配信のUSENは、1964年に宇野康秀代表取締役CEOの父親の故・宇野元忠氏によって大阪有線放送が設立され、礎となりました。その後は2001年に光ファイバーのブロードバンドサービスなどを手がけるようになり、事業を拡大していきます。

最新マーケット・投資環境見通し BNPパリバの投資戦略

2007年には、テレビ向け動画配信サービスの「GyaO NEXT」(ギャオネクスト、現在のU-NEXT)の提供を開始し、2010年にUSENからU-NEXTとして分離独立した経緯があります。

3月開催予定の臨時株主総会での承認を条件とし、社名を「U-NEXT HOLDINGS」への変更を予定しています。
「U-NEXT」とは「必要とされる次へ。」を象徴する言葉であり、「人が集う店・街を変えたい」「暮らしの中に喜びや感動を増やしたい」との同社の思いが込められています。

U-NEXTの強みは豊富なコンテンツ

U-NEXTのコンテンツ配信は映画やアニメ、音楽ライブ、韓流ドラマなどの「定額見放題」と、「都度課金レンタル」の豊富なコンテンツが強みです。
さらに2023年3月には、TBSやテレビ東京が出資する動画配信サービスの「Paravi」を統合。ドラマなどのコンテンツが追加され、競争力向上につながっています。

基本の月額料金は2189円(税込み、2024年2月時点)ですが、有料作品の視聴や、映画館の割引などに交換できる1200円分のポイントが毎月もらえることもユーザーに評価されています。合算のユーザー数は400万人を超え、動画配信サービスではNetflixに次いで国内でシェア第2位となっています。
 

顧客基盤と営業力で店舗のDX支援

同社は事業者向けに通信回線やインフラ商材などを手がけています。また、店舗などのデジタルトランスフォーメーション(DX)商材として、来店客の属性分析のAIカメラや配膳ロボット、POSレジやキャッシュレス決済端末なども提供しています。

祖業の音楽配信サービスを軸とし、100万件以上の顧客基盤に対し、1200人のセールス人員による営業力を活かした幅広い提案ができる点が強みです。

飲み屋さん
店舗向けのBGMなどを配信する有線放送サービスを通じた顧客基盤も、店舗向けDXを手がけるUSEN-NEXT HOLDINGSの財産となっている

USEN-NEXT HOLDINGS(9418)の業績や株価は?

USEN-NEXT HDの今期2024年8月期は、売上高が前期比9%増の3000億円、営業利益が11%増の240億円を見込んでいます。
経営統合後、売上高と営業利益は今期に8期連続で過去最高を更新する見通しです。

1月11日に発表された2023年9~11月期(2024年8月期・第1四半期)は、売上高が前年同期比15%増の737億円、営業利益が63%増の74億円と大幅に増益となりました。

コンテンツ配信事業で主力の「U-NEXT」は、2023年12月時点で映画やドラマなどの動画作品はレンタルも含めて35万本以上、漫画や書籍などの電子書籍は97万冊以上、雑誌は190誌以上をそろえる豊富なラインナップとなっています。
さらにオリジナルコミック、書籍の配信も強化しています。

店舗サービス事業では、今般新たに開業した大型施設などへ放送設備の一括導入を進めたほか、フードデリバリーブランドのフランチャイズサービスをサービスラインナップに追加しました。

【図表1】USEN-NEXT HOLDINGS(9418)の株価(週足)
USEN-NEXT HOLDINGS(9418)の株価(週足)

2月9日の終値は4240円で、投資単位は100株単位となり、最低投資金額は約42万円です。

株価は、2023年の10月の安値3070円からは緩やかな上昇基調が続いています。直近では1月16日に4615円の上場来高値を付けたのち、利益確定売りが入り、25日移動平均線近辺まで調整しています。

【図表2】USEN-NEXT HOLDINGS(9418)の株価(日足)
USEN-NEXT HOLDINGS(9418)の株価(日足)

インバウンド(訪日外国人)需要の回復などで、店舗事業者の深刻な人手不足を背景に、店舗向けDXサービスの需要はさらに増加しています。
また、「U-NEXT」の属する国内の定額制動画配信サービス市場は未だ成長期であることも鑑みて、同社の業績の拡大余地は大きいとみています。

メルマガ会員募集中

ESG特集