小中学校では公立と私立で80万円以上の差

「子どもを私立の学校に通わせるとお金がかかる」というイメージをお持ちの方は多いと思います。実際にどのくらいのお金が必要かは学校によって違いますが、全国平均ではこのような調査結果が出ています。

【図表1】学校種別の教育費の総額
【図表1】学校種別の教育費の総額
出所:文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」

tsumiki証券

差は歴然です。特に小中学校では、年間で80万円以上の差があります。
さらに私立の場合は通学に公共交通機関を使う場合が多く、交通費が発生することと、学校行事にかかるお金も公立より大きいために、実際の支出は公立と私立でさらに大きな差が生じることになります。

「すべて公立」と「すべて私立」の差は合計1230万円

教育費に給食費と校外活動費を足した学習費が、幼稚園から高校までの15年間でどれだけかかるかを示したのが下図です。

【図表2】幼稚園(3歳)から高校卒業までの学習費総額
【図表2】幼稚園(3歳)から高校卒業までの学習費総額
出所:文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」

すべて公立の場合の540万円に対し、すべて私立では1770万円。金額にして1230万円、実に3.3倍もの差が生じることになります。1年当たりでは82万円の差があります。

アットセミナー

単純に考えれば、子どもが幼稚園から高校まですべて私立に通う場合、すべて公立の場合と比べて、82万円よけいにお金を稼ぐ必要があるということです。
私立学校にはさまざまなメリットがあります。できれば地元の公立校に通わせたくないという事情を抱える方もいると思います。だからといってお金のことを考えずに無理をして私立に通い、もしお金が払えなくなったとしたら、いちばん困るのは子どもです。
できれば学校だけでなく、家庭内での生活も充実させたいもの。どうするのがいちばん子どものためになるかという視点で考えることが大切です。