現在、「Apple Music(アップルミュージック)」や「Spotify(スポティファイ)」、「YouTube Music(ユーチューブミュージック)」をはじめ、「LINE MUSIC(ラインミュージック)」、「Amazon Prime Music(アマゾン・プライム・ミュージック)」など、いろんな種類の定額音楽配信サービスがあります。各社は配信曲数やアーティストのラインアップ、料金設定などで競い合っている状況です。そんな定額音楽配信サービスの中でも先行するApple MusicとSpotifyを比較します。

どちらも有料サービスの3カ月お試し期間あり

Apple Music Spotify
有料会員 月額980円 月額980円
有料版お試し期間 3カ月 3カ月
無料会員 なし あり
家族プラン 月額1480円 月額1480円
学生プラン 月額480円 月額480円

Apple Music(アップルミュージック)とSpotify(スポティファイ)の料金設定は上記の通り。

2つのサービスを比べてみると、料金には差がありません。

また、Apple MusicとSpotifyは、どちらも最初の3カ月は無料で有料会員のサービスを受けられるキャンペーンがあります。無料で有料会員のサービスを3カ月利用する中で、月額980円を支払うべきかじっくり検討することができます。

Apple MusicとSpotifyの違いを挙げるとすれば、Spotifyには無料会員がある点です。

無料会員と聞くと、サービスの一部分しか利用できないイメージですが、Spotifyの無料会員はけっこう充実したサービスとなっています。

無料会員でも、Spotifyに登録されている約4000万曲すべてをフル尺で聴くことができます。ただし、個別の曲選択ができないという制約があります。好きなアーティストを検索して、好きなアルバムを選択するところまではできますが、個別に曲選択はできず、選択したアルバムの楽曲がランダム再生される仕組みとなっています。また、音楽の再生中に途中で広告が流れるのも無料会員の特徴です。

有料会員数ではSpotifyに軍配

Apple Music Spotify
有料会員数 約5000万人
※2019年4月時点
約1億800人
※2019年1月時点
サービス開始時期 2015年 2008年

Apple MusicとSpotifyでは、どちらのほうが人気なのでしょうか。Apple Musicは、有料会員は5000万人のようです(2019年1月時点)。一方、Spotifyの有料会員は1億800万人、無料会員を合わせたMAUs(月間アクティブユーザー数)は2億3200万人に達しているようです(2019年7月時点)。有料会員数を比べてみると、Spotifyに軍配が挙がります。

それでは、配信曲数やアーティストのラインアップの違いはどうでしょうか。聴くことができる楽曲の数を比較すると、Apple Musicが約5000万曲Spotifyが約4000万曲となっています(2019年10月時点、各サービスのホームページ参照)。

聴ける楽曲に大きな差はない?

音楽ライブ

数字だけを見ても、実際にどのような曲が聴けて、どのような曲が聴けないのかイメージしにくいと思います。そこで、FUJI ROCK FESTIVAL’19のラインアップに加え、筆者が選んだ邦楽・洋楽で比較してみます。

■FUJI ROCK FESTIVAL’19(二日目一部抜粋)

Apple Music Spotify
SIA
MARTIN GARRIX
ASIAN KUNG-FU GENERATION
CAKE
銀杏BOYZ
怒髪天
DEATH CAB FOR CUTIE
AMERICAN FOOTBALL
clammbon
COURTNEY BARNETT
UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA
ZOO
GEZAN
DANIEL CAESAR
ALVVAYS
DYGL
JAY SOM
ずっと真夜中でいいのに。
Tempalay
SUNSET ROLLERCOASTER

■邦楽部門

Apple Music Spotify
松任谷由実
スピッツ
西野カナ
Suchmos
くるり
LOSTAGE × ×
欅坂46
ゆるめるモ!
Task have Fun ×
Cigaretteman ×

■洋楽部門

Apple Music Spotify
Taylor Swift
Drake
Ed Sheeran
Weezer
The Get Up Kids
Kitty Hawk ×
Cap’n Jazz ×
Chinese Football
IN HER OWN WORDS
NOTHING

比べてみた結果、Apple MusicとSpotifyでは、聴ける楽曲に大きな差はないようです。筆者の調べたアーティストの中では、Apple Musicが邦楽に強く、Spotifyが洋楽に強い傾向がある?ようでした。とはいえ、どちらも世の中にあるほとんどの楽曲が聴ける魅力的なサービスであることは間違いないでしょう。