4月16日、新型コロナウイルスの感染防止に向けた緊急事態宣言の対象が、これまでの7都府県から全国に拡大されました。感染がいつ収束するのか見通しが立たない中で、株式や投資信託で資産運用をしている方は、今後どのような行動を取ればよいのでしょうか? 投資信託を運用する資産運用会社、日興アセットマネジメントの森豊さんにお話をうかがいました。

「新型コロナウイルスと資産運用」記事一覧はこちら

森豊さん

日興アセットマネジメント
資産運用サポート推進部 副部長
森 豊さん
大学卒業後、準大手証券に入社。海外現地法人及び国内にて日本株式および同派生商品のセールス、売買に携わる。その後、外資系銀行にて、個人および富裕層向けビジネスに約2年間従事した後、投信セールスマネージャーとして、首都圏及びコールセンターの販売を統括。当社では、一貫して販売員・受益者に寄り添う、をモットーに個人向け投信販売業務を推進。

長期的目線を持ち、短絡的な売却を控える

Q.「解約が増えている」「むしろ資金流入が増えている」など、今回の調整局面で貴社ファンドはどのような影響を受けていますか?

3月中旬までは、基準価額の下落を購入のタイミングととらえ資金流入が増えましたが、3月下旬以降「新型コロナウイルス」の感染拡大ペースを見極めたいとの動きから設定・解約ともに減少傾向にあります。

Q. 販売会社や個人投資家から増えている質問はありますか?

販売会社からの質問は、当初は市場見通しについてのものが多くを占めていましたが、3月に入ってから各ファンドのアフターフォロー材料についての質問が増えてきました。

一方、個人投資家からは市場の下落に伴って、基準価額や分配金が「ゼロ」になるのではないか? 繰り上げ償還されるのではないか? という不安に基づいたものが多かったです。ただ、ここに来て基準価額の算出方法や投資対象市場についての質問があり、「投資信託や投資の基本」から学ぼうという機運も感じています。

Q. こうした局面で個人投資家がやってしまいがちなミスや、やってはいけない行動には何がありますか?

どうしても保有している投信の基準価額が下落すると、もっと下がるのではないか、もう戻らないのではないか、との不安心理から「売却」したい気持ちになると思います。

そこで、個人投資家の方々にお伝えしたいのは、長期的目線を持ち、「短絡的に売却」することを控えていただきたいということです。

Q. 個人投資家は現状にどう向き合い、どのような行動をとるべきでしょうか?

まず、一呼吸おいて冷静に「何のために」投資を始めた(る)のか? と投資の「目的」、それを達成するための「時間軸」を確認する事です。現在のような大きな下落を前にすると、どうしても悲観的になりがちですが、このような環境下でも「新型コロナウイルス」と戦っている医療に加え、電力・ガス、陸運などのインフラは維持されています。

今は、世界各国で発令されている非常事態宣言により一連の経済活動は大きく制限されていますが、この事態の収束後にはそれまで抑えられていた需要の反動に、世界中で進む自動化やテレワークなどの普及による生産性の向上が、新しい大きな経済成長の波を作り出すかもしれません。

投資について考え直すきっかけに

Q. こうした局面だからこそ見直したい、投資信託のメリットは何ですか?

大きく2点あります。第一に、3つの金融機関(販売会社、運用会社、受託銀行)が役割分担をして、お客様の大切な資産を育てている点です。具体的には、お客様の商品選びの手助けをし、販売後もしっかりお客様の相談にのる販売会社、そして、投信を作り、日々その商品を運用している運用会社。最後に、投信の財産を保管する受託銀行です。

第二に透明性の高さです。例えば、個人投資家の方が気にされる基準価額ですが、毎日投信が組み入れている何百・何千の株式や債券・REITなどの資産を時価評価しているのです。誤魔化しのないガラス張りの商品と評価していただけると思います。

また、今だからこそ改めて考えていただきたいのは、投資をする際の「目標金額=元本×期間×必要利回り」という「お金を増やす方程式」です。目標金額に対して、自分は「今いくら投資に回せるのか(元本)」、「何年そのお金を寝かせられるのか(期間)」、そして「必要な利回りは何%か(利回り)」という、お金を増やす際に考えるべき3つの要素をじっくりと前向きに見直していただきたいと思います。

Q. 最後に個人投資家にメッセージをお願いします。

個人投資家の方々にとって、終息のめどがはっきりと見えない「新型コロナウイルス」が、保有されている投信にどのような影響があるか、不安になられるかと思います。一方で、ここは冷静に改めて「投資」について考え直すきっかけにしていただきたいと思います。投資信託は、「少額」で始められ、様々な投資対象への「分散投資」が可能で、「資産運用の専門家」に任せられる投資ツールの一つです。是非、長期的な資産運用のツールとして上手く活用して下さい。

我々日興アセットマネジメントは、個人投資家の皆さまにこれからも役立つ情報提供に努めてまいります。投資に関する有益な情報は当社ホームページにも多数掲載しておりますのでそちらもご参照ください(日興AMファンドアカデミー)。

【特集】アクティブファンドの挑戦─今こそ、投資の“原点”に立ち返る

メルマガ会員募集中