『人生100年パートナー』を標榜する野村證券がマネーフォワードと共同で開発した資産管理アプリ、それが『OneStock(ワンストック)』です。人生100年時代を豊かに、そして健康に過ごすためには「健康寿命」と同時に「資産寿命」が大切です。その資産寿命を手軽に測定できるのがこの『OneStock』なのです。私も実際にアプリをダウンロードし、測定してみると、ちょっと不安な結果に……。そこで本アプリの開発責任者である野村證券の池田肇さんにお話をお伺いしてきました。(聞き手・文=しらこしらお 取材日:7月20日)

池田さんの写真①野村證券 常務
未来共創カンパニー担当兼
ブランド戦略共管
池田 肇

資産寿命のシミュレーションは「健康診断」

資産管理アプリ『OneStock』、さっそくダウンロードしてみました。私の資産寿命は85歳と算出されたのですが、日本人男性の平均寿命は81.41歳なので、老後資金の心配は現時点ではないと考えてよろしいですか?

FXcoin

池田 う~ん、それはどうでしょうか(笑)。「老後の生活水準」という設問に対する回答として、「倹約」「標準」「ゆとり」と3つの選択肢があったと思いますが、どれを選びましたか?

「標準」です。ちなみに「ゆとり」にしたら73歳、「倹約」にしたら90歳を超えました。

池田 なるほど。ゆとりある老後生活を送るとなると、現状のままでは、ちょっと厳しいかもしれませんね。

ですよね。73歳と表示されたときは、思わず目を背けました……。

tsumiki証券

池田 収入と貯蓄額、あとは何歳まで働くかによってシミュレーションの結果は大きく変わってくるので、いろいろなパターンを試してみて、どうすれば資産寿命が延びるか検討してください。

例えば年収が高いのに貯蓄額が少ない場合は、日常的に支出が多い可能性があります。収入の途絶えた高齢期になっても生活費の負担が重くなり、結果的に資産寿命を縮めることになります。

現役時代の生活水準のままで老後生活を送ろうとすると、ある程度貯蓄があっても資産は短命かもしれませんね。ちなみにMonJa編集部の30代の男性(既婚・子ども一人)のシミュレーション結果は、老後生活を「ゆとり」にしても資産寿命は86歳、20代の女性(既婚・子なし)に至っては「ゆとり」で100歳近かったです。

池田 それはいいですね(笑)。とはいえ、それで老後資金は安泰かというと、必ずしもそうではありません。資産寿命のシミュレーションはいわば健康診断や人間ドックみたいなものと思ってください。

20代の健康な方が健康診断を受ければ、特に問題ないことが多いですよね。でもこの先もずっと20代の健康な状態のままでいられるわけではありません。ライフスタイルもそれと同じで、家族が増えたり、住宅を購入したり、転職をしたり……さまざまな変化が起こります。

収入や支出もその変化に応じて変わってくるでしょう。ですから、健康診断と同じように年に1度ぐらいは資産寿命の入力内容をチェックして、変化があれば内容を更新し、大まかでいいので資産寿命を常に把握しておくといいと思います。

マネーフォワードと共同し、資産を一元管理

OneStockは、資産寿命を把握するだけでなく、複数の金融機関の資産を一元管理できるアプリとのことですが、改めてその機能について教えてください。

池田 主な機能は大きく3つです。まずは先ほどからお話ししている「資産寿命の把握」です。野村證券の年金研究所が長年積み重ねたノウハウや統計データなどを活用し、「資産寿命」を計算するロジックを開発しました。回答しやすい22項目を入力するだけで、資産の寿命を算出することができます。

資産寿命を算出するための22の質問項目回答しやすい22の質問に答えるだけで資産寿命が算出される

2つ目が「資産の見える化」です。銀行や証券などさまざまな金融機関で保有する資産を自動連携することで、資産全体を一元管理できます。現在の資産状況を把握することで、将来に向けて資産寿命を延ばすための対策を講じる際の指針になります。

この「資産の見える化」は、家計簿アプリで国内トップシェアを誇るマネーフォワードさんと共同で製作することで、金融機関の壁を越えて資産を一元管理することを可能にしました。

付き合いのある金融機関って大抵、複数ありますから、それを一元管理するとなると意外と難しいかもしれません。

池田 例えば、銀行3行、証券2社、保険会社2社と取引している方ですと、ご自身の資産ポートフォリオが7つできてしまいます。でもOneStockを使えば、全資産を一括で管理できるようになるわけです。

池田さんの写真②

マネーフォワードMEは、毎月の引き落としなど、どちらかといえば資産のフローを管理するアプリですが、OneStockはストックを把握するアプリです。この2つをうまく使っていただくとフローとストックの両方を一括で把握できるようになります。

そして3つ目が診断サービスです。月間・年間の資産全体の推移や個別銘柄のパフォーマンスを一覧できる「資産レポート」機能です。また有料のサービス(※)になりますが、金融資産額や運用資産比率などを自分と似たユーザーと比較する「あなたの状況」機能もあります。

(※)プレミアムサービス(月額税込550円)では無料会員に比べ自動更新の頻度が高くなり、全ての診断機能を利用できます。現在はキャンペーン期間中につき無料。