ライフプランをたてるうえでは、子育てにかかるお金について考えておくことが非常に重要です。子育てにかかるお金のうち、大きな負担となるものが教育費です。特に入学時はまとまった金額が必要になることが少なくありません、もうすぐ新学期ということで、今回は、入学時にかかるお金について解説していきます。

  • 小学校第一学年の主に入学時にかかる費用は、公立約9万円、私立約61万円
  • 中学校第一学年の主に入学時にかかる費用は、公立10万円、私立約61万円
  • 高等学校第一学年の主に入学時にかかる費用は、公立約14万円、私立約44万円

小学校の入学時にかかるお金は?

小学校の第一学年でかかる学校教育費は、公立と私立で大きく異なります。

2018年に文部科学省が発表した「平成30年度子供の学習費調査」によれば、公立小学校の場合の第1学年学校教育費は109,753円。私立小学校の場合の第1学年学校教育費は1,271,034円です。
内訳を詳しく見ていきましょう。

【小学校第一学年でかかる費用】
区分 公立 私立
授業料 0 ¥494,624
修学旅行・遠足・見学費 ¥1,358 ¥12,865
学級・児童会・生徒会費 ¥7,534 ¥16,308
PTA会費 ¥2,892 ¥12,336
その他の学校納付金 ¥1,013 ¥428,316
寄附金 ¥7 ¥57,534
教科書費・教科書以外の図書費 ¥2,927 ¥7,972
学用品・実験実習材料費 ¥28,601 ¥43,346
教科外活動費 ¥889 ¥5,670
通学費 ¥719 ¥41,267
制服 ¥4,664 ¥79,221
通学用品費 ¥53,047 ¥54,876
その他 ¥6,102 ¥16,699
合計 ¥109,753 ¥1,271,034
うち入学時の費用 ¥87,325 ¥605,759

出所:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より抜粋

区分別にみると、授業料と学校納付金に特に大きな差があることがわかります。学校納付金とは入学金などのことです。
通学費にも差があります。公立の小学校は徒歩で通学することがほとんどですが、私立の小学校に通う場合電車に乗るケースも多いためでしょう。

主に入学時にかかる費用を赤字で示しました。学校納付金の他に学用品・実験学習材料費、制服、通学用品費(ランドセルなど)が挙げられます。制服も公立と私立で費用面に大きな差がでています。これらの費用を合計すると公立は87,325円、私立は605,759円と大きな差があります

中学校の入学時にかかるお金は?

次に中学校でかかる費用について見ていきましょう。中学校の第1学年学校教育費でかかる費用は、公立が194,599円、私立が1,339,128円です。内訳を確認してみましょう。

【中学校第一学年でかかる費用】
区分 公立 私立
授業料 0 ¥429,260
修学旅行・遠足・見学費 ¥9,440 ¥48,023
学級・児童会・生徒会費 ¥6,943 ¥20,350
PTA会費 ¥3,791 ¥14,024
その他の学校納付金 ¥5,435 ¥439,894
寄附金 ¥41 ¥31,311
教科書費・教科書以外の図書費 ¥7,017 ¥30,866
学用品・実験実習材料費 ¥33,705 ¥48,496
教科外活動費 ¥41,826 ¥57,327
通学費 ¥17,775 ¥86,151
制服 ¥47,821 ¥92,617
通学用品費 ¥17,238 ¥28,137
その他 ¥3,567 ¥12,672
合計 ¥194,599 ¥1,339,128
うち入学時の費用 ¥104,199 ¥609,144

出所:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より抜粋

中学校でも大きな差が出ているのは、授業料とその他学校納付金(入学金など)です。中学校になると遠くの学校に通うことも多くなるため、通学費の差も大きくなっています。

主に入学時に必要となる費用は、その他学校納付金(入学金)、学用品・実験実習材料費、制服、通学用品費です。これらをあわせると公立の場合104,199円、私立の場合は609,144円となります。

高等学校(全日制)の入学時にかかるお金は?

次に全日制の高等学校について確認していきましょう。

高等学校の第1学年学校教育費でかかる費用は、公立の場合370,374円、私立の場合956,333円です。

【高等学校(全日制)第一学年でかかる費用】
区分 公立 私立
授業料 ¥26,010 ¥241,755
修学旅行・遠足・見学費 ¥14,511 ¥33,648
学級・児童会・生徒会費 ¥23,275 ¥19,619
PTA会費 ¥7,360 ¥12,567
その他の学校納付金 ¥32,794 ¥313,129
寄附金 ¥297 ¥5,057
教科書費・教科書以外の図書費 ¥34,550 ¥35,680
学用品・実験実習材料費 ¥35,903 ¥34,363
教科外活動費 ¥62,805 ¥86,258
通学費 ¥54,837 ¥78,738
制服 ¥55,516 ¥71,546
通学用品費 ¥17,916 ¥18,607
その他 ¥4,600 ¥5,366
合計 ¥370,374 ¥956,333
うち入学時の費用 ¥142,129 ¥437,645

出所:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より抜粋

その他学校納付金の差額は280,335円と、小学校と中学校に比べて差が小さくなっています。また、学用品・実験実習材料費や制服などの差もあまりありません。

小学校や中学校に比べ、高等学校は全体的に公立と私立の費用面での差は縮まっているといえるでしょう。主に入学時にかかる費用の合計は、公立の場合は142,129円、私立の場合は437,645円です。

メルマガ会員募集中