まんが家のリコたんと一緒に暮らすハナちゃんは、ふわふわモコモコの真っ白いビジョンフリーゼ。フランス宮廷で王族・貴族に愛されたご先祖さまの血を引く、由緒正しいセレブ犬です。とはいえ、お家の中でのハナちゃんは、白い天使の外見とはかけ離れた凶暴な怪獣犬ぶりを発揮して、リコたんを思い切り翻弄しています。なんだか「犬だけセレブ生活」で、いっこうに飼い主にはセレブな恩恵はやって来ませんが、まだまだ修行は始まったばかりの「セレブ道」。今回は、気長に待つということをマネーの運用とともに考えてみます。(あやせ理子=絵とお話 聞き手・文=だーま)

第20回 ワンコと一緒にマネーダイエット

tsumiki証券

マテはマネーテクニックの第一歩!

家でも出来ました

こんにちワン! ビションフリーゼのハナちゃんです。

このごろなんだか、一日一日が長いなあと感じます。
年を取ったせい?
いえいえ、やはり、長引く自粛生活で、世の中全体が、長いウエイティング状態になってるからでしょうかねえ。

現代は、こと、2000年になってから以降、世の中の流れがすんごくスピーディーになってしまいました。
コンピューター技術の発展で、なんでもかんでも待ったなしで、物事が進んでいきます。

例えば、昔むかし、誰かと連絡を取りたいと思ったら、お手紙を書くしかなかった時代がありました。
しかも、お返事が来るまで何ヶ月も待つみたいな……。

tsumiki証券

まんがの原稿もね、編集さんと手渡しで、あれこれ直しも行ったり来たりで
一週間とかやってたけど、今じゃ、即日のうちにメールでやりとりですからね。

SNSでメッセしたら、即時にリプがあってあたりまえ。
既読スルーの時間が長いと、イライラしちゃう。
おおい、スタンプの一個くらい送ってこいよと!

でも、でも、マテマテマテ、待て~い!
待つ時間も、上手に使ったら、新しい価値を見出せるのだワン!

たとえば、ウエイティングルーム。
つまり待合室なんだけど、「何もすることがなくて、ただひたすら待たされるところ」というネガティブなイメージじゃなくて、楽しい空間として使ってみたらどうかしら?

セレブな生活には、ウエイティングルームは大活躍!
バブル期に流行ったゴージャスなレストランにはウエイティングルームはつきものでした。
レストランはデートに使われることが多いけど、いきなりテーブルについて、相手を待つってセレブ的にはちょっと野暮なこと。
そんなとき、活用するのがウエイティングルーム。
豪華なソファーがあって、すみっこにバーコーナーもあるリッチな空間で、アペリティフ(食前酒)など飲みながら優雅に待つわけです。
もし、デートの相手が遅れてきても、気になりません。

そうそう、ハナちゃんのご先祖さまは、おフランスの高貴な暮らしをしていたので、ウエイティングルームは、懐かしいワン!

はいはい、ハナちゃんが満足して“マテ”が出来るような、ウエイティングルーム。
そのうち、きっと我が家にもしつらえますからぁ。
もう少し、気長に待っててね。

でも、ハナちゃんは、あいかわらず、“マテ”をしないで、がっつくんだもんね。
パパの“マテ”ならお利口さんにできるのに、ママだと待てないの。
どうして?

うふふ。
だって、お腹すいてるんだもん。
でも、わかってるワン……ていうか、本当は、リコたんに教えたかったの。
マテは「マネーテクニック」のマテでもあるって。

マテを意識してほしいってメッセージなのだワン!
お金を増やすのにも、待つってとっても大事なのだワン!