人生は何でも「初めて」の連続です。投資を始めた方にとっては「株の選定」「決算」「コロナショック」、すべてのことが初めての体験だと思います。そして「初めて」のことには失敗がつきもの。ただし、赤ちゃんが歩くのに失敗してもただ「転ぶ」だけですが、投資での失敗は「経済的損失」につながり、大きな痛手となります。そのような「株初心者の失敗」をシェアし、未然に防ぐために、今回はいま注目の投資YouTuberぽんちよさんに、ご自身が経験した株式投資の失敗談を紹介していただきます。

  • ある企業に対して持つイメージが、その企業の実態とは限らない
  • にもかかわらず、自分のイメージだけで投資してしまうことをイメージ投資という
  • イメージ投資を避けるには、決算資料のセクター別売上高をチェックすること

投資YouTuber「【投資家ぽんちよ】」って誰?

皆さん始めまして、ぽんちよと申します。私は現在登録者8.5万人(2020年10月25日現在)の投資系YouTuberとして活動しており、「証券口座の使い方」「つみたてNISA」など投資初心者のための情報発信をしています。現在登録者も増え影響力も少しはついてきましたが、中身はただの平凡なサラリーマンであり、「億り人」でも「プロの証券トレーダー」でもありません。

しかし、そんな平凡会社員だからこそ「投資初心者がわからないこと」「初心者の失敗」が手に取るようにわかり(……実際に経験してるためですが)、そのようなことにフォーカスして発信しています。

アットセミナー

Youtuberぽんちよ投資初心者向けに情報を発信するYouTubeチャンネル『投資家ぽんちよ』はこちらから。

投資初心者にありがちな「イメージ投資」ってなに?

投資をまだ始めてない人、投資を始めて間もない人にとって知っている企業の数というのはそんなに多くないと思います。そして、そのような方々が知っている数少ない企業が、実際に何をやっているか?ということもご存じない方が多いのではないでしょうか?

例えば、楽天なら「通販サイト」、オリックスなら「プロ野球」、ソフトバンクなら「携帯会社」……。このように漠然とした自分のイメージを抱き投資をしていくと思います。私もこのような「イメージ投資」で失敗した一人として、今回はその失敗談をもとにどのようなことに注目すべきか?ということをお伝えしたいと思います。

「養殖が熱い!!」イメージ投資の失敗談

私が投資を始めて間もないころのこと、ある日ニュースを見ていて「いまマグロの養殖が熱い!」という特集が組まれており、魚好きの私としては食い入るように見ていました。その中で紹介されていたのが養殖事業に取り組む「マルハニチロ」。そしてこのニュースをきっかけに「マルハニチロ=養殖の会社」というイメージが焼き付いてしまいました。そして「養殖が伸びそうだから投資を」ということで早速100株(当時40万円ほど)を購入しました。

養殖のイメージ画像「いま養殖が熱い!」と投資を決めたぽんちよさん。その結果は……
(写真はイメージです)

イメージと乖離していたマルハニチロの実態

「マルハニチロ=養殖の会社」と思って購入した私ですが、ではマルハニチロの実態はどうだったのでしょうか? 2019~2020年にかけてのマルハニチロの全体売上高は約9000億円、そのうちの養殖事業としての売上は約390億円。養殖事業の売上は全体の5%弱ほどしかなく、「マルハニチロ=養殖の会社」というのは明らかに間違った「イメージ」であったことがわかります。

投信工房

このように企業全体でみて、ものすごく小規模な部分に焦点をあて投資をしているのは、今考えてみればいかがなものかと思います。さらにこの時、台風被害などで養殖事業も収益性が悪化、投資しようとしたきっかけである「養殖事業」が大きく足を引っ張る状況でした。また、マルハニチロ全体としても業績不振により株価が下落。結果的に-20%の損失・大失敗の投資となりました。

「イメージ投資」を避けるために見るべきこと

多くの方が企業に投資するときは「この事業が面白そう!」というふうに好感をもって投資すると思います。しかし「この事業が面白そう」というのがイメージ投資を産み出す引き金になります。そしてイメージ投資の結果、多くの投資初心者が損失を被ることでしょう。では、このような「実態に即していないイメージだけの投資」をやめるためにはどこをみるべきなのでしょうか?

ぜひ、皆さんに見ていただきたいのは決算資料の「セクター(セグメント)別の売上高」です。多くの企業は決算資料をPDFファイルなどで自社サイトに掲載しているので、そこから見ていただくといいと思います。そして、セクター(セグメント)別売上高を確認することで「会社の実態」というものを確認できるため、自分のイメージが正しかったか?を確認してください。

【図表1】マルハニチロのセグメント別 売上高(2018年度、2019年度)
マルハニチロのセグメント別売上高出所:マルハニチロ『2020年3月期連結決算 セグメント別損益及び貸借対照表説明』より編集部作成

また、企業によっては事業ごとの売上高推移なども掲載している場合があり、そのような推移を確認することで「自分が投資したい事業が本当に伸びているのか?」ということをチェックできると思います! ぜひ皆さんには私の失敗を反面教師として、「イメージ投資」から卒業してください。