マイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスを紐づけると、5,000円を上限として25%のポイントを付与する「マイナポイント事業」。事業に参加するキャッシュレス決済サービスの中には上乗せキャンペーンを実施している会社もあり、「どのサービスと紐づけるか」が悩みのタネにもなっています。マイナポイントの紐づけはどこがお得なのでしょうか。ののこさんに解説していただきました。

申請期限が2021年4月末まで延長!

マイナポイントの対象となるマイナンバーカードの申請期限が、2021年3月末から2021年4月末まで延長されました。皆さんはマイナンバーカードの申請、マイナポイントの紐づけはもう済みましたでしょうか?

私は重―――――――い腰を上げてやっと申請、紐づけしました!

マイナンバーカードの申請はしたものの、マイナポイントの紐づけ先をどこにしようか悩んでいる方もいるかと思います。(私もかなり悩んだ1人です!)

マイナポイントとは…

2021年4月末までにマイナンバーカードを申請した方はマイナポイントの対象になります。マイナンバーカード受け取り後、マイナポイントを申し込み、2021年9月末までにチャージまたはお買い物をすることで上限5000円分のポイントを受け取ることができます。

そこで今回はInstagramでフォロワーさんに聞いたマイナポイント紐づけランキングを紹介したいと思います!(2021年3月末の情報になります)

マイナポイント紐づけランキング

第5位 au PAY(au PAY カード)

第4位 d払い

第3位 楽天(ペイ・カード・Edy)

第2位 PayPay

第1位 WAON(イオンカード)

やはりよく使う決済サービスと紐づけしている人が多かったです! 現在は終わってしまっているキャンペーンばかりですが……、キャンペーンで上乗せされている決済サービスを選んだ人も多数いました。

こちらのランキングを参考に、普段使っているサービスと紐づけしたほうが使いやすいと思い、私はメインで使っている楽天カードにしました!

現在上乗せのある決済サービスは??

2021年4月17日時点で上乗せ特典のある決済サービスは

  • LINEpay
    上乗せ金額1000円分(LINE独自の暗号資産「LINK」に転換できるLINKリワード1000円相当)
  • d払い
    上乗せ金額 上限1000円分
  • ICOCA
    上乗せ金額 上限1000円
  • Suica
    上乗せ金額 上限1000円
  • ゆうちょPay
    上乗せ金額 上限1500円
  • majica
    上乗せ金額 上限1000円

です!

いつも利用している決済サービスに紐づけするのも良し!キャンペーンで上乗せがあるサービスにするのも良し!

繰り返しになりますが、マイナポイントの対象となるマイナンバーカードの申請期限は4月末まで。この機会にマイナンバーカードの申請をして、お得にマイナポイントを貰いましょう。

メルマガ会員募集中