成長率が低いとされる日本株のなかにも、キラリと光る銘柄は存在します。個人投資家がそうした銘柄を探し出すことは大変です。しかし、投資信託のアクティブファンドを選べば、成長銘柄に投資することは難しいことではありません。本記事では、国内株式に投資するアクティブファンドのうち、特徴的な6ファンドを比較します。

  • 純資産が多い『ひふみプラス』『フィデリティ・日本成長株・ファンド』
  • 銘柄を絞り込む『厳選投資』、バリュー投資の『ニッセイ日本株ファンド』
  • 運用がユニークな『東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン』『あすなろ』

大きな成長が見込めない日本では「銘柄選択」が重要

日本では少子高齢化が進み、経済成長が長期的に鈍化しているため、大きな経済成長は当面見込みづらい状況です。株式市場の成長も、アメリカや新興国と比べれば緩やかな状況が続くことでしょう。

そのような状況で日本株の投資信託に投資する場合は、今まで以上に銘柄選択が重要になると考えられます。市場平均に連動するインデックスファンドを漫然と購入しても、高い成長率を実現することは難しいと考えられるからです。成長力を重視した長期投資をしたいときに検討するべき手段のひとつが、投資信託会社が銘柄選択を行うアクティブファンドの積極的な活用です。

この記事では、純資産が多い(=多くの投資家が購入している)投資信託のなかから、特徴的な6本の投資信託を比較していきます。
(参考までに、日経平均株価に配当を加味した指数「日経平均トータルリターン・インデックス」の2021年9月末時点での過去1年・3年・5年の年率リターンはそれぞれ、およそ26%・8%・14%となっています)

ひふみプラス

信託報酬(税込) 年1.078%
純資産総額 4968億円
1年リターン 16.52%
3年リターン(年率) 7.44%
5年リターン(年率) 14.62%
資産運用会社 レオス・キャピタルワークス

※純資産総額は2021年11月1日時点、リターンは同9月末時点

資産運用会社レオス・キャピタルワークスの藤野氏のテレビ出演などをきっかけに評判が広がり、運用実績も上々のアクティブファンドです。日本の成長企業に投資するというコンセプトで、今もっとも勢いのある日本株アクティブファンドだといわれます。

ただし、完全に日本株だけでなく、一部外国株式も組み入れられています。純粋な日本株アクティブファンドがよいという人は注意しましょう。

MonJaでも過去に、藤野さんにお話をうかがったことがあります。

お金を考えることは、人生を考えること(前編)

フィデリティ・日本成長株・ファンド

信託報酬(税込) 年1.683%
純資産総額 5116億円
1年リターン 27.86%
3年リターン(年率) 10.71%
5年リターン(年率) 13.95%
資産運用会社 フィデリティ投信

※純資産総額は2021年10月29日時点、リターンは同9月末時点

2021年11月1日時点では、日本株のアクティブファンドで最も純資産総額が多い投資信託です。販売網が幅広く、ほとんど全ての個人投資家がアクセスできる点も、純資産残高の大きさの要因でしょう。

「長期的かつ持続的な成長銘柄」に投資するというコンセプトで運営されています。

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)

信託報酬(税込) 年1.804%
純資産総額 1432億円
1年リターン 27.08%
3年リターン(年率) 10.11%
5年リターン(年率) 16.51%
資産運用会社 スパークス・アセット・マネジメント

※純資産総額は2021年11月1日時点、リターンは同9月末時点

「グローバルでの活躍が期待できる日本企業」をテーマに組成された投資信託です。投資先を厳選した20社ほどに絞り込んでいることに特徴があり、組み入れ銘柄をしっかりチェックしたい人には合っているかもしれません。

ニッセイ日本株ファンド

信託報酬(税込) 年0.88%
純資産総額 1063億円
1年リターン 30.15%
3年リターン(年率) 4.08%
5年リターン(年率) 9.21%
資産運用会社 ニッセイアセットマネジメント

※純資産総額は2021年11月1日時点、リターンは同9月末時点

割安株を中心に投資する「バリュー投資」を行う銘柄です。信託報酬はアクティブファンドの中では安いものの、3年・5年リターンは他のファンドに劣り、日経平均株価の水準も下回っています。一方で、長期的には値動きが小さい傾向が見られるので、あまり大きなリスクを取りたくない人に適した投資信託といえるでしょう。

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン

信託報酬(税込) 年1.584%
純資産総額 767億円
1年リターン 18.60%
3年リターン(年率) 14.95%
5年リターン(年率) 28.14%
資産運用会社 東京海上アセットマネジメント

※純資産総額は2021年11月1日時点、リターンは同9月末時点

「経営者が実質的に主要な株主である企業」というユニークなコンセプトで作られたファンドです。経営者のリーダーシップに基本的に期待しつつ、その中でも割安株を選定して投資を行います。結果として過去の3年・5年のリターンは高い水準であることに注目です。

いちよし中小型成長株ファンド(愛称:あすなろ)

信託報酬(税込) 年1.584%
純資産総額 833億円
1年リターン 30.09%
3年リターン(年率) 4.05%
5年リターン(年率) 10.94%
資産運用会社 いちよしアセットマネジメント

※純資産総額は2021年11月1日時点、リターンは同9月末時点

「中小型成長株」に特化した投資信託です。値動きが大きく、ややリスクも高いアクティブファンドとなっています。現時点で過去3年・5年のリターンは高くありませんが、より大きな成長力を秘めた日本株を狙いたいという考えであれば、面白いファンドだといえるでしょう。

メルマガ会員募集中