緊急事態宣言も解除され、私たちの暮らしは、徐々に“通常モード”に戻りつつあります。とはいえ、世界ではいまだ感染拡大が収束しない国や地域もあり、日本でも感染が再流行する「第2波」への懸念が高まっています。そんなコロナ禍においても良好なパフォーマンスを発揮している投信を紹介する本シリーズ。今回は、三井住友トラスト・アセットマネジメントの『次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)』を紹介します。

『もう週5日出勤できない…』そんな人にこそ知ってほしい投資テーマ

コロナ禍で巣ごもり生活が長く続いている人は少なくないでしょう。長引く自粛生活や在宅ワークは、これまでのライフスタイルを大きく見直すきっかけになったかもしれません。そんな中、コロナ後の私たちの暮らしを読み解くうえで、重要なキーワードになりそうなのが「巣ごもり消費」と「リモート」ではないでしょうか。

投信工房

動画配信サービスで映画やドラマを楽しんだり、これまで以上にネット通販や宅配サービスを利用するようになったなんて人、たくさんいますよね。一方、リモートは在宅勤務だけでなく、「リモート飲み会」や「リモート授業」「リモート診療」など新しいライフスタイルやサービスを生み出しています。

「通勤時間がなくなって睡眠時間や家族とのコミュニケーションが増えた」「会議はリモートで十分可能」「ムダ遣いが減ってお金が貯まるようになった」……なんて自粛生活にもさまざまな気付きやメリットがあったのも事実。「もう週5日通勤なんてできない……」という人も少なくないでしょう(私もその一人です)。


リモート飲み会をする男性
コロナ禍の巣ごもり生活によって「リモート飲み会」という新たな文化が生まれた

人間は一度知ってしまった便利さを手放すことはないといわれています。そう考えると、「巣ごもり消費」と「リモート」がこれからの私たちの“日常”になるのかもしれません。

投信工房

そんな背景から、投資の世界でも「巣ごもり消費」と「リモート」が大きな投資テーマとなっています。動画配信サービスやネット通販、オンラインゲーム、eスポーツ、オンライン会議アプリなどを事業とする銘柄が注目されています。

しかし、こうしたサービスが今後もっと拡大し、利便性を高めていくために必要な技術を忘れていませんか? そう、それが第5世代移動通信システム、5Gなのです!!

コロナ後の新しい社会をつくる企業に厳選投資

今回紹介する三井住友トラスト・アセットマネジメントの『次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)』は、5Gのインフラ構築や、通信サービス・商品、新たに生まれるビジネスを展開する企業を投資対象とするファンドです。

この春から、大手携帯キャリアが5Gに対応した料金プランやスマートフォンをこぞって投入したことで、5Gという言葉を聞く機会が増えたと思います。5Gは、単にスマホやインターネットの通信速度が速くなるだけではなく、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの普及において不可欠な通信技術なのです。

そして、5Gこそすべての情報技術分野の成長の可能性の根幹を担う投資テーマであるというのが三井住友トラスト・アセットの考え。情報技術分野は新たなサービスやビジネスチャンスの拡大が、中長期的に期待でき、息の長い投資機会を提供できる可能性があるということです。


動画配信サービスを見ながらくつろぐ人
動画配信サービスをストレスなく楽しむためには、大容量のデータ通信技術が不可欠

そんな息の長い投資テーマを掲げる『THE 5G』の設定来のパフォーマンスは以下の通り。

『THE 5G』の基準価額と純資産総額の推移
THE 5Gの基準価額と純資産総額の推移

3月のコロナショックによる調整局面では、基準価額は下落するものの、その後急反発していることがわかります。企業が在宅勤務を推進したり、動画配信サービスの視聴時間が増加するなどデータ通信量が急増したことで、5G関連銘柄に注目が集まっていることが、急反発の背景にあるのでしょう。

同社のレポートによると、5Gを活用した情報通信ネットワークの重要性が追い風となり、『THE 5G』の投資先企業の業績を下支えし、その結果、パフォーマンスが回復しているということです。

また同社のレポートでは、実際に『THE 5G』のパフォーマンスの向上に寄与した銘柄の一例として、こんな企業を紹介しています。

『THE 5G』のパフォーマンスにプラスに寄与した銘柄の一例
THE 5Gの組み入れ銘柄

私は全然知らない企業ばかりですが、いかにもコロナ後の新しい社会の根幹をなす技術やサービスを提供する企業という印象です。こうした世界中の5G関連企業をプロが厳選し、パッケージにしてくれているのが『THE 5G』なのです

新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちのライフスタイルはもちろん、これまでデジタル化やIT化へのハードルが高かった分野に急速な変化をもたらしました。リモートによる仕事や医療、授業などはその最たる例でしょう。

今後こうした技術やサービスの需要はますます拡大すると思われます。「巣ごもり消費」や「リモート」を後押しするサービスをストレスなく享受するには、高度な通信環境の整備が必要不可欠であり、5Gの重要性は今後ますます高まっていくでしょう。ぜひ注目したい投資テーマといえそうですね。