日本を代表する企業に幅広く投資したいときに便利な指数『日経平均株価』。『日経225』とも呼ばれ、多くの投資信託が運用の対象としています。本記事では日経平均株価(日経225)への連動を目指すインデックスファンド(ETFを除く)の中でも、低コストなファンドや純資産残高の多い商品をランキング形式で紹介します。
(内容は2020年8月時点の情報に基づきます)

  • コストで選ぶなら「iFree日経225」か「eMAXIS Slim国内株式」
  • 純資産残高で選ぶなら、「インデックスファンド225」
  • つみたてNISA対象ファンドもある

コストで選ぶなら、iFreeかeMAXIS Slim

日経平均(日経225)に連動する投資信託 低コスト部門TOP3
ファンド名 信託報酬
(年率・税込)
純資産
(億円)
つみたて
NISA
運用会社
1 eMAXIS Slim
国内株式(日経平均)
0.154% 103 三菱UFJ国際投信
2 iFree日経225
インデックス
0.154% 48 大和アセット
マネジメント
3 <購入・換金手数料なし>
ニッセイ日経平均
インデックスファンド
0.1551%
以内
105 ニッセイアセット
マネジメント

2020年7月31日時点。各運用会社の月次報告書を基に編集部作成

日経平均株価(日経225)との連動を目指す投資信託であれば、基本的にどのファンドもほぼ同じ値動きをします。したがって、なるべくコストの少ない投信を選ぶことが利益を獲得する上で重要と言えます。

アットセミナー

2020年7月31日時点でもっとも信託報酬の安い日経平均株価(日経225)に連動する投資信託は、大和アセットマネジメントの『iFree 日経225インデックス』と、三菱UFJ国際投信の『eMAXIS Slim国内株式(日経平均)』の2本が同率で1位でした。信託報酬は、いずれも年間で税込0.154%。100万円を1年間運用した場合でも、コストはたったの1540円です。

『iFree 日経225インデックス』と『eMAXIS Slim国内株式(日経平均)』の純資産残高を比較してみると、iFreeは103億円、eMAXIS Slimは48億円と、2倍強の差があることがわかります。この背景には、iFreeのほうがeMAXIS Slimよりも取り扱い販売会社が多いことが関係していそうです。eMAXIS Slimは主にネット証券で販売されていますが、iFreeは地方銀行などでも取り扱いがあります。

購入時手数料は、2020年7月31日時点ではどちらのファンドも無料。iFreeかeMAXIS Slimで迷った場合は、自分が口座を持っている証券会社で取り扱いがあるかをチェックしてみるのが良さそうです。

純資産残高で選ぶなら、『インデックスファンド225』

日経平均(日経225)に連動する投資信託 純資産残高部門TOP3
ファンド名 純資産
(億円)
信託報酬
(年率・税込)
つみたて
NISA
運用会社
1 インデックスファンド225 1,904 0.572%
以内
× 日興アセット
マネジメント
2 日経225ノーロードオープン 1,511 0.88% × アセット
マネジメントOne
3 MHAM株式
インデックスファンド225
1,438 0.605% × アセット
マネジメントOne

2020年7月31日時点。各運用会社の月次報告書を基に編集部作成

投信工房

2020年7月31日時点でもっとも純資産残高の多い日経平均株価(日経225)に連動する投信は、日興アセットマネジメントの『インデックスファンド225』です。純資産残高は1,904億円と、2位以下を大きく引き離しました。

より多くの資金を集めていることから、もっとも人気のあるファンドとも言えるでしょう。1988年6月に運用を開始しており、30年以上もの歴史には安心感があります。「沢山の人が選んでいる人気のファンドで、安心して日経225に投資したい!」という人にとって、投資先候補の1つになりそうです。

つみたてNISA対象商品は全16本

つみたてNISAで投資できる、日経平均(日経225)と連動する投資信託
ファンド名 純資産
(億円)
信託報酬
(年率・税込)
運用会社
iFree日経225
インデックス
103 0.154% 大和アセット
マネジメント
eMAXIS Slim
国内株式(日経平均)
48 0.154% 三菱UFJ国際投信
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ日経平均
インデックスファンド
105 0.1551%以内 ニッセイアセット
マネジメント
NZAM・ベータ
日経225
16 0.1793% 農林中金全共連
アセットマネジメント
たわらノーロード
日経225
232 0.187%以内 アセット
マネジメントOne
野村 つみたて
日本株投信
47 0.187% 野村アセット
マネジメント
Smart-i
日経225インデックス
16 0.1870% りそなアセット
マネジメント
i-SMT 日経225
インデックス
(ノーロード)
2 0.187% 三井住友トラスト・
アセットマネジメント
つみたて
日本株式(日経平均)
139 0.1980% 三菱UFJ国際投信
ニッセイ 日経225
インデックスファンド
1,437 0.286%以内 ニッセイアセット
マネジメント
農中<パートナーズ>
つみたてNISA日本株式
日経225
22 0.3883% 農林中金全共連
アセットマネジメント
SMT 日経225
インデックス・オープン
219 0.407% 三井住友トラスト・
アセットマネジメント
しんきん
ノーロード日経225
6 0.429% しんきんアセット
マネジメント投信
野村インデックスファンド・
日経225
351 0.44% 野村アセット
マネジメント
eMAXIS
日経225インデックス
252 0.44% 三菱UFJ国際投信
朝日ライフ
日経平均ファンド
18 0.55% 朝日ライフ
アセットマネジメント

2020年7月31日時点。各運用会社の月次報告書と金融庁「つみたてNISA対象商品届出一覧」を基に編集部作成

つみたてNISAで投資できる日経平均株価(日経225)連動の投資信託は、2020年6月29日時点で計16本あります。上記で紹介した『iFree 日経225インデックス』と『eMAXIS Slim国内株式(日経平均)』も含まれており、比較的低コストなファンドが多いのが特徴。

「【徹底比較】S&P500に連動する投資信託まとめ 1番コストの低いファンドはどれ?」の記事で紹介した投資信託と組み合わせて、日米を代表する企業に分散投資するのも良さそうですね。

【徹底比較】S&P500に連動する投資信託まとめ