宮崎県延岡市で保険業や資産運用のアドバイスに携わる小田初光さんが、地方で暮らす生活者のリアルな視点で、お金に関するさまざまな疑問に答えます。今回は、「定期預金でお金が増えない」と悩む相談者に対して、どのような基準で運用商品を選べば良いか、考え方を提案します。

  • 昔は預金金利が高かったが、バブル崩壊後に金利が下がり、今後も低金利が続きそう
  • 運用商品を選ぶ基準として、金利から「利回り」に発想を転換する
  • 「利回り」の運用商品では、元本割れの可能性も考える必要がある

昔は定期預金でお金が増えたのに……

【質問】
銀行に預けていた100万円定期預金! 1年後に満期になるけど、金利を見て愕然……。利息がたったの100円。これじゃ自動販売機のコーヒーも買えん。しかも、そこから税金も取られる。100万円預けて利息が100円って、何かのミス? ありえんわ! 窓口で頼まれたから預金したのに。いまの時代、もうちょっとましな商品はないですか?

このような相談はよくあります。この相談にお答えする前に、日本の置かれた現状を知っていただきたいと思っています。

tsumiki証券

昔の日本は経済に活気があり、インフレで物価も年々上がっていて、預金金利は6%くらいありました。今回の相談者は30歳代の方でしたが、そういう時代背景を知らない世代だと思います。
この時代背景を知っているかどうかで、お金を増やすための「商品の選別」に違いが出てくると考えています。そのことは後に触れることとして、まずは昔の時代背景についてたどっていきたいと思います。

日本の金利が低下を始めて、何年になるでしょうか? これは、株価、為替、金利の推移をたどれば、おのずとわかってきます。
元号が昭和から平成に変わる頃の数年間は「バブル経済」と言われ、1989年12月末には日経平均株価が史上最高値の3万8975円を付けました。当時の基準金利(当時は「公定歩合」。現在は「基準割引率および基準貸付利率」)は6%。ドル/円の為替レートは140円前後でした。
ところが、1991年に湾岸戦争が起こり、日本では景気後退が始まり、バブルは崩壊。金利はというと、日銀は基準金利を1991年に6%から5.5%に引き下げました。そこからわずか4年あまりで、1995年には基準金利が1%を切る状況に転じてしまいました。

現在、日経平均株価は約2万3000円、基準金利0.3%、為替は105円となっています。
これも経済再生のためでしょうか、経済の低迷に対して株価を上昇させるために、副作用も考えられる「マイナス金利政策」を、日銀は2016年から採るようになりました。
近年の日銀は、国債の大量購入に加え、株式市場ではETF(上場投資信託)などを買うという、金融市場の需要と供給のバランスを度外視しているかのような政策を行っています。これら日銀の金融政策が、アベノミクス「3本の矢」のひとつとして市場を支え、株価の上昇と為替の円安を生み、それが今の経済再生につながっているのです。わずか30年前にはとても考えられなかった話です。
今後は、急なインフレによる物価上昇が起きない限り、今のゼロに近い金利水準が上がることはないと思っていいでしょう。

日本銀行
マイナス金利政策に踏み出した日本銀行

65歳以降も働き続けるか、それとも……

預金して普通に利子が付いたのは、25年も前までの話です。あらためて確認しますが、今の時代、銀行にお金を預けても金利は付かないのです。お金を増やそうと思ったら、普通の預金では意味がないと断言できます。

投信工房

考えてみてください。国は「老後資金として2000万円は最低でも不足しますよ。貯めておいてくださいね!」と言っていますが、今の状況では、地道に毎月5万円の積立預金を30年間も続けて、それでも1800万円にしかなりません。仮に預金金利が1%の複利だとすると、税引き後の利子を足して約2030万円。そこで初めて2000万円をクリアできます。30年間ですよ。
実際に預金金利が1%であれば、若い世代で余裕がある方なら可能?でしょうが、現実の預金金利は1%どころか、0.1%にすら遠くおよばないという惨状です。なんとも夢のない話ですね。

預金通帳を見て驚く男性
低すぎる預金金利。預金だけではお金を増やせません

これが現実で、あとは年金がいくらもらえるかによって老後の生活は左右されます。どうですか? 生きていくためには、65歳以降も働き続けていくしかないのが現実的な選択のようにも思えてきます。本当に死ぬまで働くのでしょうか? それとも別の選択をするのか?
ここであきらめては、老後に「お金の苦労」から逃れることは難しいでしょう。そこで次のステップとして、ひとつの提案をしたいと思います。「定期預金よりましな運用商品が欲しい」という相談者の悩みに対する、お答えのヒントが見えてくると信じています。

運用商品は「金利」ではなく「利回り」で考える

定期預金の金利はさらに下がっています。銀行にもよりますが、今では100万円を預けても、1年後にもらえる利息が20円程度にしかならないのが普通です。そこで私が提案するのは、「金利から利回り」に発想を転換することです。

「利回り」とは、何を意味するのでしょうか?
利回りとは、預金金利のような元手に付く利息の割合ではなく、元手自体が増えたり減ったりした場合に、元手と利息などの合計の金額に基づいて、全体でいくらお金が増えたかを示した割合です。
元手が増えたり減ったりするということは、元本割れすることもある。そこが、元手自体の金額が変わらない預貯金との大きな違いです。
たとえば、株や債券などを買っていくら儲かったかを計算するときは、毎年の配当金や利息に、元手自体の価格が上がった(下がった)分を加えて計算しなければいけません。このように、元手の変動分を配当金や利子に加味して計算していくのが「利回り」と言われるものなのです。

お金の運用を利回りで考えていくと、納得できることが多々あります。投資信託にしてもマンション投資にしても、そこで語られる「利回り」の多くは最初から確定されたものではなく、「予想および目安」として提示され、商品が販売されています。この「予想と目安」によって、自分に合ったものを選んでいけばいいのです。
世の中にはいろいろな「投資」の話があります。たとえば、100万円の元手で、1年後に10万円儲けが出る。1年間の利回りは10%。これは今の時代、ちょっと怪しいように思います。利回りの「予想と目安」が高すぎるときは、何かあるな?と、疑ってかかるべきです。

「定期預金よりましな運用商品」は、利回りを基準に選ぶことが大切です。ただし、元本割れを起こす可能性には注意しなければいけません。
次回は、さまざまな運用商品について、利回りによるランキングを付けながら、その活用について考えていきます。

(次回は9月18日を予定しています)