新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、2020年4月7日に緊急事態宣言が出され、4月16日には全都道府県が対象地域となりました。そこで気になるのが、自分の入っている医療保険・生命保険でもしものときに備えることが出来るかどうかです。

※本記事は2020年4月29日現在の情報を元に、概要をまとめています。また、対応の実施状況は保険会社によって異なります。最新の情報や詳細は、各保険会社のWEBサイトなどで必ずご確認ください。

tsumiki証券

  • 陰性でも病院以外で治療を受けても、入院給付金が受け取れるケースがある
  • 保険会社によっては、災害死亡保険金の対象にもなる
  • 混みあっているので手続きは余裕をもって早めに

給付金や保険金は受け取れる? 保険会社の対応概要

新型コロナウイルス感染症は、各保険会社の定義する「疾病」に該当するとされています。そのため、①入院時の給付金②死亡時の保険金については、その他の病気やケガと同じように受け取りが可能のようです。また、新型コロナウイルス感染症に関連した特別な取り扱いを行っている保険会社もあります。今回はその概要について見てみましょう。

① 入院給付金の受け取り

入院時に入院給付金を受け取れる保険では、新型コロナウイルス感染症の治療を目的として入院をした場合、その他の病気で入院した時と同じように入院給付金を受け取れることがほとんどのようです。また、検査結果が陰性だった場合でも、入院をしていれば入院給付金の受け取り対象となるようです。

医療機関のベッドが満床であるなどの理由で、病院ではなく臨時施設(病院と同等とみなされている施設やホテルなどの宿泊施設)や自宅で医師による治療を受けた場合にも、入院給付金を受け取れる保険会社が多くなっています。

この場合、医師による証明書などの提出を基本的には必要としています。書類の準備が難しい場合には相談を受け付けている保険会社もあるようですので、その際には該当する保険会社のコールセンターへ相談をしましょう。

投信工房

② 死亡保険金の受け取り

死亡時に死亡保険金を受け取れる保険では、新型コロナウイルス感染症により亡くなられた場合、死亡保険金の受け取り対象となるようです。

また、不慮の事故や自然災害で亡くなった場合の保障である、災害死亡保険金の受け取り対象とした保険会社も一部出てきています。中には、新型コロナウイルス感染症を直接の原因として既に死亡保険金の受け取りを済ませている場合でも、さかのぼって災害死亡保険金の受け取り対象としている保険会社もあるようです。

ただし、新型コロナウイルス感染症が政令の改定で指定感染症から外れるなど、今後の状況変化によっては、災害死亡保険金の受け取り対象から外れる可能性もありますので、保険会社のお知らせを随時確認しておくと良いでしょう。

コロナウイルスと保険証券のイメージ
新型コロナウイルスでの入院や死亡でも保険金の支払い対象になる

申請手続きや保険に関する相談は早めに

現在、各保険会社では新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、コールセンターの受付時間短縮や職員の出勤を制限しているようです。そのため、電話がつながりにくくなっている場合や、給付金・保険金の申請などの手続きに通常より時間がかかるケースも増えてくるかもしれません。各種手続きや保険に関する相談は、余裕をもって早めにしておくと安心です。

保険会社によっては、医療保険の給付金請求などの手続きを保険会社の契約者専用WEBページで完了できるようになっており、そちらを利用することで手続きがスムーズになる場合もあるようです。

自身の加入している保険会社が契約者専用WEBページを用意しているようでしたら、PCやスマートフォンでログインできるようにあらかじめ準備をしておくと、いざという時に慌てなくて済むかもしれませんね。

今後も、各保険会社の対応状況は随時変わっていくことが予想されます。また、この記事には書いていない独自の対応を行っていることもあるでしょう。自分の加入している保険会社のWEBサイトなどで、こまめに最新の情報を確認してみてください。