テレビ、ラジオ、動画配信も含めて様々なコンテンツの台本や脚本を執筆する放送作家&脚本家が700人以上所属する日本放送作家協会がお送りする豪華リレーエッセイ。ヒット番組を担当する売れっ子作家から放送業界の裏を知り尽くす重鎮作家、目覚ましい活躍をみせる若手作家まで顔ぶれも多彩。この受難の時代に力強く生き抜く放送作家&脚本家たちのユニークかつリアルな処世術はきっと皆様の参考になるはず! 
連載第30回は、タレント、男優、放送作家としても活躍するダンカンさん。

日本放送作家協会リレーエッセイ一覧はこちらから

妻がなくなったことが引き金に……

ダンカンさんの写真ダンカン
タレント・放送作家
日本放送作家協会会員

素人が株に手を出すと恐ろしい目に遭う、というのは良く耳にする話です。

その言葉を知っていながらこの夏、俺は不覚にも禁断の株に手を出して……いや、正確には手を出さざる得ない状況に追い込まれてしまったのでした……。そして、その結果は言わずもがなの大損失となってしまったのです。

引き金は妻が亡くなっているということでした……。

いや、以前から亡くなっているのにも関わらず妻宛てにその郵便が送られてきていることには気付いていたのですが。送り主が〇〇信託銀行証券代行部で封筒の表には株主なんたらの文字があったので、「ど~せ株の勧誘かなんかだろう……」と。これまでの人生、株に微塵も関わったことのない(冒頭の株に対する猜疑心もあり)俺は、完全無視で封筒の開封さえしていませんでした。

ところが、この夏のある日またもや送られてきたその封筒を何気なく開けてしまったところから、思いもよらぬ物語が始まったのでした……。

MonJa読者アンケート

手紙のイメージ画像
送り主が〇〇信託銀行証券代行部からの封筒は、これまで完全無視で開封さえしていなかったが……

中には1枚の紙が……。そしてそこには『株主配当金額4941円』と記されていました。配当金?配当金てことはこちら側が頂けるお金ってこと……。あ、そーいえば生前、妻が生命保険に入っていたら自動的に株主になったとか話していた記憶が……。
あっ! もしそーなら妻が亡くなったことにより銀行口座解約してしまったので、振り込まれるはずの配当金が宙ぶらりんになっていたということ??? 善は急げで早速その証券代行部に連絡したら正に予想的中でした。

と、なるとこのまま放っておく訳にもいかないし……。説明によると俺が相続人になるためには(相続ってたかが5000円足らずですよ)、妻が亡くなったことを証明出来る戸籍証明書に「俺が相続人でいいよ〜」と認める他の相続人(子ども3人)の印鑑証明書が必要とのこと……。
そこで直ちに子どもたちにその旨を伝えたところ、印鑑証明書を取るための印鑑登録もしていないどころか一番下の息子に至っては印鑑すら持っていない事実が発覚したのでした……。

相続手続きに必要な書類は揃ったものの

さあ、そこからフル回転の我が家の相続物語の始まり! 始まりー!!

まず、印鑑のない息子に100円ショップで印鑑を買ってやり(印鑑登録は三文判でもいいそうです)、役所で印鑑登録をしていない俺以外の3人の印鑑登録を済ませた上で印鑑証明書を発行してもらい、更に妻の戸籍全部事項証明と除籍・改製原全部を取り揃えたのでした。

ところが、〇〇信託銀行証券代行部に確認の連絡を入れると……。妻が16歳から俺と結婚してこちらの籍に入る間の戸籍が足りないとのこと!? 要するに女性は16歳から結婚が認められているので俺と結婚する前に他の者と結婚していたり、或いは血の繋がりのある子どもがいたりすると後々相続の問題が生じかねないので(5000円足らずで骨肉の争いは起きないでしょう!?)。

ということで急遽、東京の中野区から妻の生まれ育った戸籍のある千葉市役所まで車を飛ばす展開へとなって行ったのでした……。

まさか俺の妻に結婚歴やましてや隠し子(?)がいるはずもないと分かってはいても、改製原(除籍)謄本を受け取りその事実が無いことを確認して何故は少しホッとしていた俺でした。

印鑑のイメージ
一番下の息子に100円ショップで印鑑を買ってやった
Ned Snowman / Shutterstock.com

以上で全ての相続手続きに必要な証明書は揃ったのですが、株の恐ろしさ、これよりみなさんにお伝えいたします。

願いましては〜 印鑑108円(消費税込み)、印鑑登録料300円×3(子ども3人)=900円、印鑑証明書料300円×4(人)=1200円、戸籍全部事項証明書料450円、除籍・改製原全部書料750円、そして千葉市役所に場所を移しての改製原(除籍)謄本書料750円……。
だけでは終わらず、新宿~湾岸習志野までの高速道路料金1590円×2(往復)、挙句にその日は東京2020オリンピック期間中であったために高速道路は意味不明の1000円上乗せの特別料金が……で1000円×2(往復)。
その全ての合計金額は何と……9338円て、株の配当金の倍近くかかっとるやんか~(涙)。

しかし、株地獄はそこで終わることがなかったのでした……。聞くも涙、語るも涙のラストシーンは全ての手続きを終えて感無量で配当金のお知らせを見返していたら…。え~!払い渡し期間2021年6月22日〜7月30日と記されていたのです。ちなみに相続騒動物語の俺の慌ただしき1日は8月3日のことだったのです。

ホント株は恐ろしや~!!

次回は倉沢奈都子さんへ、バトンタッチ!

是非読んでください!

8月30日に新著『ダンカンの企画書』(スモール出版)が発売されます!

「ダンカンの企画書」表紙

“たけし軍団”の一員で放送作家でもあるダンカンが、伝説のテレビ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『風雲! たけし城』などの企画書を一挙大公開!
テリー伊藤、そーたに、水道橋博士による証言インタビューを掲載。

一般社団法人 日本放送作家協会
放送作家の地位向上を目指し、昭和34年(1959)に創立された文化団体。初代会長は久保田万太郎、初代理事長は内村直也。毎年NHKと共催で新人コンクール「創作テレビドラマ大賞」「創作ラジオドラマ大賞」で未来を担う若手を発掘。作家養成スクール「市川森一・藤本義一記念 東京作家大学」、宮崎県美郷町主催の「西の正倉院 みさと文学賞」、国際会議「アジアドラマカンファレンス」、脚本の保存「日本脚本アーカイズ」などさまざまな事業の運営を担う。