新型コロナウイルス感染症の流行などで世界経済が動揺する中で、ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)が注目を集めています。本連載では、仮想通貨の仕組みや特徴はもちろん、資産運用での活用法にいたるまで、わかりやすくお伝えします。第1回は「そもそも仮想通貨って何?」というテーマで、仮想通貨の起源や存在意義について説明します。

【監修】
FXcoin 代表取締役社長 大西 知生

FXcoin 大西知生氏

慶應義塾大学経済学部卒業後、東京銀行へ入行。ドレスナー銀行、JPモルガン銀行、モルガン・スタンレー証券、ドイツ銀行グループを経て、2018年に仮想通貨取引所のFXcoinを設立。2017年まで東京外国為替市場委員会副議長、同Code of Conduct小委員会委員長に従事。『J-MONEY』誌において2008年、2011~13年、2017年にテクニカル分析ディーラー・ランキング第1位を獲得する。経済学博士。

買い物にも使える仮想通貨

「仮想通貨」「ビットコイン」という言葉を聞いたことがないという方は、おそらく一人もいないのではないでしょうか。一方で、仮想通貨がどういう資産なのか、正しく理解している方は決して多くないと思います。ビットコインを知っている方も、「値動きが激しくて怖い」というイメージが強く、仮想通貨を買うことをギャンブルのようにとらえている方もいるかもしれません。

tsumiki証券

仮想通貨は、法律上は「暗号資産」と呼ばれます。仮想通貨(暗号資産)は、「資金決済に関する法律」において次のように定義されています。

【暗号資産の定義】
(1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
(2)電子的に記録され、移転できる
(3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

出所:日本銀行ホームページ

(1)にあるように、「代金の支払い等に使用」できるので、仮想通貨は「通貨」と名付けられ、お金の一種とみなされているわけです。実際に、数こそ少ないですが、ビットコインで商品を買えるお店もあります。有名なところでは、家電量販店のビックカメラがビットコインでの決済に対応しています。

(3)の意味は、「仮想通貨は、電子マネーやキャッシュレス決済とは違う」ということです。交通系ICカード(SuiCaやICOCAなど)やポイントでの決済、あるいは「デジタル通貨」と呼ばれるものは、お店で現金の受け渡しを行わないので、一見すると仮想通貨の一種に思われるかもしれませんが、結果的には日本円や米ドルなどで代金を支払うことになるので、これらは仮想通貨ではありません。

FXcoin

電子マネーは仮想通貨ではない
仮想通貨かどうか
出所:FXcoin

仮想通貨=特定の国に属さない通貨

ところで、なぜ仮想通貨という、日本円や米ドルのような本物のお金と異なる通貨が生み出されたのでしょうか? 日本で買い物をするなら日本円がいちばん便利なのに、わざわざビットコインなどの仮想通貨を持つ意味は、いったいどこにあるのでしょうか?

たとえば、こんな事態が起きたらどうでしょうか。日本の財政が破たんして、日本円の価値が暴落してしまったら……。国内は大パニックになって、銀行では預金の取り付け騒ぎが起きるかもしれません。あるいは、政府が「預金封鎖」という政策を採り、銀行で預金をおろせなくすることもありえます。たとえ米ドルやユーロなどの外貨預金を持っていたとしても、預金封鎖が起きてしまうと、外貨預金すら役に立たなくなることもありえます。

今の日本で預金封鎖のような非常事態が起きることは考えにくいですが、2013年にはヨーロッパの小国キプロスで金融危機が発生して預金封鎖が行われ、個人の預金が国の税金として徴収された例もあります。今後、リーマン・ショックのような金融危機が起きたときに、日本経済が無事でいられる保証はありません。日本円は日本政府が管理しているので、政府の判断ひとつで、円の価値が危うくなることもありえるのです。

キプロス
古代の遺跡が残る地中海の島国・キプロスの金融危機は、ビットコインの名が広く知られるきっかけにもなった

そこで、もし「特定の国に属さない通貨」があれば、万が一自分の国に良くないことが起きても、自分の資産を守れるのではないか、このように考える人が出てきました。そして2009年、「ブロックチェーン」などの最新テクノロジーを背景に、世界初の仮想通貨ビットコインが誕生、取引が始まったというわけです。実際に、キプロス危機の際にはビットコインが買われ、価格は急激に上昇しました。

人類の歴史を振り返ると、最初の通貨は紀元前に生まれ、時代が下るにつれて貝や石から金属、紙幣へと姿形を変えていきました。紙幣の時代が長く続いたあと、21世紀に入って電子マネーが普及しました。ビットコインに代表される仮想通貨は、そのまた次の時代のお金といえるのかもしれません。

文明とともに進化する通貨
貨幣の歴史
出所:FXcoin

次回は、世界経済における現時点での仮想通貨の位置づけや、仮想通貨をめぐる法制度について詳しく見ていきたいと思います。

大西知生氏大西さんのひとこと
新型コロナウイルスの影響もあり、金(ゴールド)の価格が上がりました。裏を返せば「日本円やドルの価値が下がった」と見ることができます。この間、ビットコインなどの仮想通貨も値上がりしました。
仮想通貨も金と同じように、「自分の資産を守る」という目的で買う、つまり「資産運用のための仮想通貨」という考え方も成り立つのではないでしょうか。
次回以降で、「本当に仮想通貨は信頼できるのか?」といった疑問にもお答えしていきます。